[新人戦]選手権16強の作陽が4年ぶりV:岡山

  • ゲキサカ
  • 更新日:2018/02/14

平成29年度岡山県高校サッカー新人大会決勝が11日に行われ、選手権16強の作陽高が2-0で岡山学芸館高に勝利。4年ぶりの優勝を果たした。

作陽は前半6分、右サイドから切れ込んだMF早川海瑠のクロスが相手DFのオウンゴールを誘い、先制。さらに17分には、クロスバーを叩いた早川のロングシュートのこぼれ球を、FW松原大芽が押し込んで2-0と突き放す。相手の反撃を凌いだ作陽が2-0で勝ち、4年ぶりの優勝を果たしている。

優勝した作陽と準優勝の岡山学芸館、そして3位の玉野光南高は3月の中国大会(広島)に出場する。

【決勝】
作陽高2-0岡山学芸館高

【3位決定戦】
おかやま山陽高 0-3玉野光南高

【準決勝】
作陽高3-0 おかやま山陽高
岡山学芸館高2-1玉野光南高

【準々決勝】
作陽高3-2 就実高
おかやま山陽高 2-2(PK4-3)関西高
倉敷古城池高 0-4岡山学芸館高
西大寺高 0-5玉野光南高

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
そだねー! カーリング女子にあやかって、「赤いサイロ」でおやつタイムしてみた
男子スキークロスでカナダ代表が骨盤を骨折 ジャンプのあと空中でバランスを崩す
まだまだ続く! 仮想通貨 ICOバブルの行方『NOAH COIN のICO』
三浦知良51歳「現実は甘くない。でも去年より、きっとよくなる」
加藤浩次「なんだコイツ」 スケート北朝鮮選手の「接触行為」に反発
  • このエントリーをはてなブックマークに追加