巨人・長野が5000万円増の単年2億2500万円でサイン 「まだまだやらないと」

巨人・長野が5000万円増の単年2億2500万円でサイン 「まだまだやらないと」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2016/12/01

巨人・長野久義外野手(31)が1日、東京都内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、今季の年俸1億7500万円から5000万円増の2億2500万円(推定)の単年契約でサインした。

選手会長に就任した今季は143試合すべてに出場。国内フリーエージェント(FA)権を取得した。シーズン前半は4番に座り、打率・283、13本塁打、42打点。リーグ優勝奪回を逃した今季を「悔しいシーズンでしたし、申し訳ないという気持ちしかない」と振り返った。

久保球団社長からは「まだまだ老け込む年ではないぞ」とハッパをかけられ、「まだまだやらないといけない。まだ自分もできると思う。(目標は)リーグ優勝、日本一です」と意気込んだ。

No image

契約を更改し会見に臨む巨人・長野=東京都千代田区(撮影・蔵賢斗)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ハンカチ王子にうんざり、やっぱりの理由
人的補償候補は“1軍戦力”5、6人に オリ補強ポイントに合致する選手は?
静産大は3発発進!環太平洋大撃破で2回戦へ...藤田、斉藤、栗田がゴール(20枚)
北條、病院訪問で子供たちに活躍誓う
日本ハム大谷、MLB25歳ルール適用「関係ない」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加