相葉雅紀、スポーツアートパフォーマンスに「みんな最高だったよ!」

相葉雅紀、スポーツアートパフォーマンスに「みんな最高だったよ!」

  • マイナビニュース
  • 更新日:2019/08/25
No image

日本テレビ系大型特番『24時間テレビ42』(24日18:30~25日20:54)で25日、空手、パラテコンドー、テニス、卓球、BMX、スケートボード、新体操の選手たちが集結し、アートとスポーツを融合させたパフォーマンスが行われた。

今回、19人の種目・年齢も様々なアスリートが挑戦するのは、カンヌ国際映画祭などでも注目される映像とライブパフォーマンスのパフォーミング・カンパニー・enraとのコラボレーション。背後に映る映像に合わせ動かないと成功しないenraのパフォーマンスは、正確なタイミング・位置で動くことが求められ、これにより映像と体の動きがシンクロする。

試合などの勝つためのパフォーマンスと異なる、魅せるパフォーマンスで、スポーツの動きだけではなくダンスの要素もあるため、参加した嵐の相葉雅紀はアスリートたちと何度も一緒に練習を行い、皆の体にリズムを覚えさせていったという。

そして本日、国技館で映像と音と光がシンクロした圧巻のパフォーマンスが披露された。最後に相葉は「みんなすごくないですか!? ほんとに完璧にやりきってくれました! みんな最高だったよ」と参加してくれたアスリート・子どもたちに感謝を述べた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「非常に大きな可能性を秘めている」18歳の日本人MFアペルカンプ真大がデュッセルドルフとプロ契約
遠藤保仁タイプ。70年代欧州サッカー、忘れられない孤高の天才がいる
アヤックス躍進の一人が新天地で練習中に高級腕時計盗難被害
日本から最多3人! 今も現役の98年W杯戦士を英紙特集...世界的ビッグネームの名前も
C・ロナウド、5人粉砕の“ファントム・ドリブル”に熟練GK脱帽 「体をすり抜ける...」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加