「おとなの発達障害かもしれない!?」森島明子がADHDと向き合うエッセイ

「おとなの発達障害かもしれない!?」森島明子がADHDと向き合うエッセイ

  • ナタリー
  • 更新日:2017/09/15

森島明子の単行本「おとなの発達障害かもしれない!?」が、明日9月16日にイースト・プレスより刊行される。

No image

「おとなの発達障害かもしれない!?」帯付き

20年以上マンガ家として仕事をしてきた裏で「生活、仕事、人間関係に支障が出るほどうっかりミスが多い」ということを気にしていた森島。自分は発達障害かもしれないと感じた彼女が、ADHD(注意欠如多動性障害)について勉強し、クリニックで検査を受けるところから物語は始まる。薬を飲む前に感じていた生きづらさ、投薬の効果と副作用など、ADHDと上手に付き合っていく方法を体験談をもとに描く。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
最近、instagram(インスタグラム)のキャンペーンによく当選します。
半年、ご無沙汰しています #深夜のこっそり話 #802
飛行機の搭乗券に「SSSS」とプリントされたらヤバいことが起こるらしい...
「ULTRA JAPAN」女子たちの開放的なフェスファッション(写真23枚)
ソシオパス(社会病質者)である可能性を示す7つの兆候
  • このエントリーをはてなブックマークに追加