チェルノブイリ原発 新たなシェルター完成

チェルノブイリ原発 新たなシェルター完成

  • 日テレNEWS24
  • 更新日:2016/11/30
No image

1986年に爆発事故を起こしたウクライナのチェルノブイリ原子力発電所で、4号機を覆うための新たなシェルターの設置工事が完了し、29日、式典が開かれた。

シェルターは長さ約160メートル、高さ108メートルのアーチ状で、4号機を覆って放射性物質の拡散を防ぐのが目的。これまでは、コンクリートで作られた「石棺」と呼ばれる建造物で覆われていた。

しかし、老朽化が進んだことから、日本円にして約2000億円の費用を投じて石棺ごと覆うシェルターが建設された。ポロシェンコ大統領は式典で、「最大で最高の覆いができた」と完成を祝った。

しかし、チェルノブイリ原発では、事故から30年がたった今も、廃炉に向けた作業が続いていて、溶けた核燃料の取り出しなど、作業の終了は見通せない状態。

動画の再生はこちら

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【報ステ】新潟・避難児童いじめ 担任が「嘘」
【報ステ】大分県佐伯市で2歳女児が行方不明
DeNA運営サイト閉鎖で、他社も相次ぎ
【報ステ】千葉・女性集団暴行、新たに医師も逮捕
踏切で一時停止した車にトラック運転手が激高、鈍器でドアガラスを殴る動画が拡散中 会社側は非を認めて謝罪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加