ラピス、静電スイッチシステムの簡単導入を実現するマイコンスタータキット

ラピス、静電スイッチシステムの簡単導入を実現するマイコンスタータキット

  • マイナビニュース
  • 更新日:2017/11/14
No image

ラピスセミコンダクタは、16ビット汎用マイコン「ML62Q1000シリーズ」のスタータキット第3弾として、高機能化が進む白物家電やキッチン周りの調理家電、産業機器の静電スイッチシステム導入に適する静電スイッチスタータキット「SK-AD01-D62Q1267TB」を開発、インターネットでの販売を開始すると発表した。

ML62Q1000シリーズは、低消費電力技術とノイズ耐性技術、動作温度105℃に対応することが特徴。また、マイコン内部の故障を察知する自己診断などの家電の安全項目中(IEC60730規定)13項目に対応している。

さらに、機械式スイッチ劣化による故障の低減や、機器筐体デザイン性の向上などから採用が拡大している静電スイッチアプリケーションに対応する、ローム製の静電スイッチコントローラIC(4×4のマトリクス制御が可能)および静電スイッチボード、静電スイッチプログラムを同梱。ノイズや高温環境で使用される家電や調理家電、産業機器に適した静電スイッチシステムの評価、開発環境立ち上げを可能にする。

なお、同キットは10月末から、チップワンストップ、ザイコストア(コアスタッフ)、アールエスコンポーネンツにて順次インターネット販売を開始している。キットの導入に必要なマニュアル、サンプルプログラムのソースプログラム、サンプルソフトウェアなどもサポートサイトから入手可能だ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
年間3900円の「Amazonプライム会員」は本当に得なのか?
スマホの写真を簡単かつ確実にバックアップする方法
他国と比べて「ネット常識力」が圧倒的に低い日本
『Google Home』『Amazon Echo』...話題のAI搭載スマートスピーカー機能・特長を比較
無料でデザイン性が高いプレゼン用スライドがダウンロードできる「SlidesPPT」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加