熊本工、9回1点差まで追い詰めるも...4失策で16強ならず 田島監督「浮足だってしまった」

熊本工、9回1点差まで追い詰めるも...4失策で16強ならず 田島監督「浮足だってしまった」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2019/08/16

◇第101回全国高校野球選手権大会 第9日2回戦 熊本工5―6関東第一(2019年8月14日 甲子園)

No image

<関東第一・熊本工> 試合に敗れ、悔しそうな表情を見せる熊本工ナイン (撮影・後藤 大輝)

熊本工は4失策と守備が乱れて06年以来の夏2勝はならなかった。田島圭介監督は「ミスが絡んでの失点が全て。大久保くんに二盗、三盗と仕掛けられて見えないプレッシャーがあったのかな。浮足だってしまった」と肩を落とした。

それでも1点差まで追い上げ意地は見せた。山梨学院との1回戦でサヨナラ本塁打を放った山口は7回に左前2点打。「楽しかった。あっという間に時間が過ぎていった」と充実感をにじませた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

高校野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
作新学院・石井主将 日本ハム内野手の兄追いかけて...大学でもさらにその先目指す
一関学院が25得点大勝発進、高橋滋監督が初陣飾る
炎天下の甲子園、野々村元監督の「鍛えてたら死なない」に賛同の声も「“耐える”は教育に必要」
準Vの星稜 母校に凱旋、報告会に500人 奥川「やっと終わったという気持ち」
「大人ときちんと会話ができる」香取シニア、指導の秘訣はどこにある?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加