背番と同じ21球打って打ち上げ/今日の清宮くん

背番と同じ21球打って打ち上げ/今日の清宮くん

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/02/15
No image

城石打撃コーチからトスされたボールを打ち返す日本ハム清宮(撮影・木下大輔)

<今日の清宮くん>

日本ハムのドラフト1位、清宮幸太郎内野手(18=早実)は14日(日本時間15日)、正面から上げたトスを背番号と同じ21球打って、米アリゾナ州での1次キャンプを打ち上げた。「前からの球を打つのは久しぶりなので、どうなるかなと思っていましたけど、悪くはなかったかなと思います」と、感触を口にした。

1次キャンプでは右手親指打撲の影響で、終盤まで打撃練習を再開できなかった。守備や走塁に時間を割き「初日に比べれば形になってきたかなと思う。根本的なところから守備を見つめ直すことができたし、いろいろな形を学ぶこともできたので、今までにない新鮮な時間だった」と、充実した日々を過ごした。

この日の夜に、チャーター機で2次キャンプ地の沖縄へ向けて出発する。「バッティングのペースもだんだん上がってくると思いますけど、自分のペースを崩さずに最大限の力を試合前に出せるように頑張りたいと思います」と、ステップアップへ意気込んだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
大谷、1被弾2失点デビューに収穫と課題!27日にもDHで打者出場
カーリング女子 勝負を決めた藤沢五月の「悪女の誘惑」
日本ハム・清宮が2打席連続四球「自分らしく打席に立てたかな」
対外試合5戦負けなしヤ!燕・山田、6戦3発で完全復活の予感
カーリング女子の死闘再び4月カナダで韓国と再戦も
  • このエントリーをはてなブックマークに追加