火星から見る星だって、セガトイズ「HOMESTAR Classic MARS」

火星から見る星だって、セガトイズ「HOMESTAR Classic MARS」

  • マイナビニュース
  • 更新日:2018/01/11
No image

セガトイズは1月11日、同社の光学式家庭用プラネタリウムシリーズ「HOMESTAR Classic」から、火星から見た星空を投影する「HOMESTAR Classic MARS」を発表した。発売は2月15日で、希望小売価格は11,000円(税別)。

HOMESTAR Classic MARSは、同梱する星空の原板を本体にセットして使う。プラネタリウム・クリエーターである大平貴之氏が、火星の地軸をもとに再現した、火星から見える星空を楽しめる。原板は「火星から見た星空」のほかに、「日本の星空と火星」も付属。自宅で2種類の星空を鑑賞できる。

全天が一周する日周運動機能のほか、15分、30分、60分で自動で電源をオフにするタイマー機能を備えた。投影される星の数は約6万個。投影範囲は直径約2.5m(円状)で、最適な投影距離は2mから2.3mとなっている。本体サイズはW159×H167×D151mm。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「グノシー動画自動再生機能」の設定方法について
日本酒の特徴を都道府県別にチャート化 日本酒データベース「さけのわ」による解析結果が興味深い
Crucial MX500は性能と信頼性が向上 - 製品担当者が高コスパをアピール
トヨタ アバロン 新型、先進運転支援が標準...デトロイトモーターショー2018
「なお、このメッセージは自動的に消滅する」機能をホントに実装したUSBメモリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加