ボクシング 高山勝成がまぶたの手術成功 「五輪挑戦に向け、出来る限りの準備を」

ボクシング 高山勝成がまぶたの手術成功 「五輪挑戦に向け、出来る限りの準備を」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/08/10
No image

高山勝成

ボクシングで日本初の世界主要4団体制覇を果たし、アマチュアとして20年東京五輪出場を目指す高山勝成(34)=名産大=が10日、大阪府堺市内の病院で古傷のまぶたの手術を行い、成功したと発表した。

東京五輪挑戦に向けて万全を期すため、手術に踏み切った高山は「無事手術成功して安心しています。今回の手術も含め、オリンピック挑戦に向け、自分の出来る限りの準備をしていきたいと考えております。引き続きベストを尽くしていきます」と、「高山勝成選手のアマチュア登録を支える会」を通じてコメントした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【快挙】WWE「中邑真輔」がサマースラムのメインに出場決定! 例えるならヤンキース松井秀樹レベルの偉業!!
世界のボクシング王者が集う「スゴすぎる」イベントが近づいてきた
胸いっぱいで目をうるうるさせていたビガロ――フミ斎藤のプロレス読本#071【バンバン・ビガロ編エピソード6】
竹原慎二、山中選手へのタオル投入に納得できず「レフリーは目を見て判断」
丸藤組が王座奪取も...V1戦は路上プロレス!?丸藤「面白いじゃねえか」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加