Slackで異なるチーム同士が連携できる「共有チャンネル」正式スタート

Slackで異なるチーム同士が連携できる「共有チャンネル」正式スタート

  • ASCII.jp
  • 更新日:2019/09/19

Slack Japanは9月16日、異なるチーム間を連携させ、コミュニケーションが取れる「共有チャンネル」を正式に提供開始した。公式ブログで明らかにしたもの。

パートナーや取引先など、社外のメンバーとやり取りする際に、社内チーム同士と同じようにSlackを利用できる。新しくメンバーが参加する場合も、情報のアーカイブに簡単にアクセスでき、スムーズなスタートを切ることができるという。

共有チャンネルの利用により、キャンペーンやプロジェクトについて外部の代理店との調整もさらにスピーディーになったり、事業/財務コンサルタントとデータを同期・共有し、メンバー全員が情報を把握できる状態になったりするという。

チャンネル共有はワークスペースのオーナーまたは管理者がリクエストを送信し、パートナーが受託すればスタートする。なお利用は有料プランのみ。

■関連サイト

公式ブログ

Slack

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
北欧インテリアにもなじむイケアのUSB充電器。約2mのコードでどこでも気軽につかえるよ|マイ定番スタイル
プログラマーの給料が一番高い国はどこ?- 2019年版Stack Overflow、
ワイモバイル「Xperia 8」発売日決定、独自キャンペーンも実施
Surface Duoは「スマホではない」 米マイクロソフト副社長に聞く【前編】
IoTプラットフォーム「Riiiver」と連携するスマートウオッチ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加