オリドラ2のK-鈴木がシート打撃に初登板 2奪三振も「まだ納得できない」

オリドラ2のK-鈴木がシート打撃に初登板 2奪三振も「まだ納得できない」

  • フルカウント
  • 更新日:2018/02/13
No image

今キャンプ初のシート打撃に登板したオリックス・K-鈴木【写真:編集部】

得意のスライダーで2者連続三振、最速は143キロをマーク

オリックスのドラフト2位ルーキー・K-鈴木投手が13日、今キャンプ初のシート打撃に登板した。打者4人を相手に無安打2奪三振1四球と結果を残した。最速は143キロをマークした。

最初の後藤には四球を与えたが、その後は鈴木、縞田を得意のスライダーで連続三振に打ち取り、最後は小田を左飛に抑えた。走者を置き、カウント1-1からの実戦形式で結果を残したK-鈴木は「少し真っすぐがシュート回転していましたが、状態自体は悪くなかった」と口にした。

社会人時代から決め球として使用していたスライダーで三振を奪ったが「まだ納得できてない。もっと磨かないといけない」と反省も口にした。今キャンプ中に投球フォームの規制緩和を受け、2段モーション気味にフォームを変更。登板後にはブルペンでも投げ込みを行った右腕は「右足に体重を乗せるようなイメージ。順調にきていると思います」と手応えを感じている様子だった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
岩崎が4回を1安打無失点、先発転向へアピール
ロッテ・重光昭夫オーナー代行が退任 河合克美新代行「夢と勇気を」
流鏑馬に水泳、ボッチャも=五輪記念硬貨の図柄決定
【MLB】米復帰の元Gマイコラス、日本での“カルチャーショック”語る「ファンが...」
ソフトBが新兵器テスト AIで動作解析 27、28日練習試合で
  • このエントリーをはてなブックマークに追加