「ケイスケはパチューカの心臓であり続ける」ゴラッソ連発の本田圭佑に賛辞の嵐が止まず!

「ケイスケはパチューカの心臓であり続ける」ゴラッソ連発の本田圭佑に賛辞の嵐が止まず!

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2018/04/17
No image

2戦連続ゴールを決め、好調が続いている本田圭佑。来たるロシア・ワールドカップに向けて視界は良好だ。 (C) Getty Images

絶好調の日本代表MFへの賛辞は止む気配がない。

現地時間4月14日に行なわれたメキシコ1部リーグ後期の第15節、サントス・ラグーナ戦で1ゴール・1アシストを記録したパチューカの本田圭佑に対し、地元メディアから賛辞の声が相次いでいる。

サントス・ラグーナ戦に先発出場した本田は、立ち上がりから積極的なプレーを披露すると、24分にはペナルティーエリア右手前の位置でオマール・ゴンサレスからの縦パスを受け、左に流れながら左足を一閃! 鮮やかにゴール左隅へ突き刺した。

さらに30分には、センターサークル付近からの絶妙なスルーパスを供給し、エリク・アギーレのゴールをアシストしてみせた。

2試合連続となるゴールでパチューカをリギージャ(決勝トーナメント)出場圏内の8位に浮上させた本田は、当然のことながら試合直後に地元メディアからベタ褒めされた。

メキシコのスポーツ専門メディア『Medio Tiempo』が、「ケイスケ・ホンダが素晴らしいプレーを披露し、勝利の夜を演出した。この日本人が決めた得点はまさしく“ゴラッソ”だった」と綴るなど、その出色の出来を絶賛する声が目立った。

その活躍に対する興奮は試合から一夜が過ぎても、冷める気配がない。4月16日、メキシコのサッカー専門サイト『FMF』は、15節で起きた主な出来事をピックアップする記事内で、本田のパフォーマンスを特集。「ホンダがパチューカをリギージャへ」と銘打ち、次のように褒めちぎった。

「ケイスケ・ホンダはこのチームの心臓と肺であり続けている。この日本代表は、パチューカのサッカーに完全に適応している。後期リーグは7ゴール・7アシストを記録し、ベストプレーヤーの一人だ」

また、本田の活躍ぶりは欧州にも伝わっているようだ。

スペイン・メディア『LA VANGUARDIA』は、アメリカ大陸で活躍する選手たちをピックアップする記事内で、本田のゴラッソについて「元ミランの日本代表MFは、自身のゴラッソでパチューカの勝利を呼び込んだ。強力かつ速い長距離シュートを相手ゴールへ突き刺した」とレポートし、「ホンダのおかげでパチューカは後期リーグで夢を見ている」と結んでいる。

自身のセンセーショナルな活躍によってメディアの話題を独占する本田。しばらく、日本サッカー界が誇るカリスマのパフォーマンスから目が離せない。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ロート製薬の爽快系目薬『ロートジー』が日本代表とコラボ!サムライブルーパッケージを数量限定で発売
[プレミアリーグEAST]柏U-18ルーキー田村が初ゴール、“実質”デビュー戦は「緊張を抑えていたんですけど...」
[プレミアリーグEAST]今季の柏U-18は主将がとにかく熱い...DF杉井颯「今日の敗因はすべて自分」
INAC副将・伊藤美紀が描く理想のボランチ像 “挑戦の2018年”に掲げた課題とは?
【J1採点&寸評】柏1-0浦和|走り回った柏のファイターがMOM!初陣のオリヴェイラ新監督の評価は...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加