ポテトを挿せばフォークになる!―マクドナルドの「FRORK(フローク)」は、どう使うの?

ポテトを挿せばフォークになる!―マクドナルドの「FRORK(フローク)」は、どう使うの?

  • インターネットコム
  • 更新日:2017/10/12
No image

すべての動画・画像がある記事はこちら

日本マクドナルドは、食べられるフォーク「FRORK(フローク)」が当たるスクラッチキャンペーンを、東日本エリア1,112店舗で10月20日から開始する。「グラン」シリーズいずれかのバリューセットを購入した顧客が対象。

FRORKとは、「マックフライポテト」のパッケージを模したデザインを持つ、シリコン素材のユーテンシル。先端部分にマックフライポテトを3本挿入することで、フォークとして機能する。

だがこのフォークの枝はマックフライポテト製。柔らかすぎるので、フォークの本来の使命である“肉を刺す”といった機能は持っていない。そうではなく、こぼれたハンバーガーのソースや具をすくい、マックフライポテトと一緒に無駄なく味わうために作られたものだ。

FRORKは、米国マクドナルドで2017年5月に、新商品「Signature Crafted Recipes」シリーズのプロモーション目的で配布されたもの。「Signature Crafted Recipes」は具が多く、食べるときにどうしても一部がこぼれてしまう。そのこぼれた具やソースをすくうのにFRORKは便利なのだそうだ。

FRORKを紹介したのは、米国のTVショッピングで有名なアンソニー・サリバン氏。サリバン氏は米国でのキャンペーン当時、FRORKについて次のように述べていた。

「FRORKはあなたの生活を変えるだろうか?そんなことはないだろう。では『Signature Crafted Recipes』シリーズの食べ心地をよくするだろうか?もちろんだ!……多分」

サリバン氏によれば、FRORKはマックフライポテト自体を味わうためにも使えるそうだ。

FRORKを入手するには、キャンペーン期間中に「グランクラブハウス」「グランてりやき」「グランベーコンチーズ」、いずれかのセットを買ってスクラッチカードを入手。当たりがでたら、カウンターでFRORKをもらえる。キャンペーン期間は2017年10月20日から31日まで。キャンペーン店舗一覧などについて詳細は、日本マクドナルドWebサイト内の「東日本限定 FRORKキャンペーン」特設ページを参照されたい。

すべての動画・画像がある記事はこちら

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

グルメ総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
まるでファミレス?アメリカのレストランの「子連れWelcome感」がすごすぎる
【必見!】使いやすさ抜群 プロ愛用のお菓子道具たち
【100均検証】ダイソーの「インスタントコンロ(300円)」でサンマを焼いたら大変なことになった
ホームパーティに欠かせないスタイリッシュな卓上調理家電5選
知育菓子「たのしいおすしやさん」が本当に楽しい...!無心で大量のイクラ錬成してみた
  • このエントリーをはてなブックマークに追加