「いい子ね」と彼ママ絶賛!手土産に挨拶など...彼実家での基本マナー

「いい子ね」と彼ママ絶賛!手土産に挨拶など...彼実家での基本マナー

  • 美レンジャー
  • 更新日:2017/08/15
No image

夏休みを利用して、彼の実家に伺う予定がある方もいるのではないでしょうか。相手家族に悪い印象を与えないためにも、マナーには気をつけたいですよね。

そこで今回は、一般社団法人『スマートマナークリエイト』代表理事の大川ユカ子さんに、恋人の実家訪問で気をつけたいマナーについて伺いました。意外と知らない、手土産や滞在中の作法についてお伝えします。

相場や渡し方は?手土産のマナー

お宅訪問に手土産は必須。どんなものを選ぶべきか? また、渡す際に失礼のないようにするには? 知っておきたい手土産マナーについて教えていただきました。

手土産の選び方

No image

相場は3,000〜5,000円程度。高価な物だと、「お金遣いが荒いのかしら……」と相手家族にとって心配材料になってしまう可能性もあるので注意しましょう。

最も無難なものはお菓子。その日のうちに食べなくてはならないようなものは避け、日持ちするものにします。彼に事前に、家族の好みや苦手なもの、アレルギー、健康上控えているものを聞いておくとよいでしょう。

「自分が気に入っているオススメのお菓子や、出身地で評判の銘菓等も喜ばれますが、カステラや羊羹は“切れ目を入れる”ことから、良縁に反するイメージとなるので避けたほうがいいでしょう」(大川さん・以下「」内同)。

いずれにしても相手側の手間とならないよう、小包装された物がベター。個数は、家族の人数+彼+自分+αにしましょう。

手土産の渡し方

No image

玄関では挨拶のみにとどめ、部屋に通されたあと紙袋から取り出して渡します。

「渡す際は、“お好きだと伺いましたので、お持ちしました”、“私も大好きでよくいただくんです。お口に合うと嬉しいです”、“地元でおいしいと評判のお菓子です。ぜひ召し上がってみてください”など、一言添えて渡すようにしましょう」

印象が決まる!日帰り・宿泊の滞在マナー

滞在中の行動により、「ぜひうちのお嫁さんに!」と思われるか、「あんな子、反対よ」と思われるか……明暗が分かれるかも!?  日帰り・宿泊にわけて、彼の実家で気をつけたい行動をご紹介しましょう。まずは基本のマナーから。

基本マナー

【服装】

暑くても生脚は厳禁。露出の多い服装や華美なネイルは控え、上品さを優先しましょう。

【玄関での挨拶】

第一印象は大切です。必ず笑顔で自己紹介し、「今日はお招きいただきましてありがとうございます」などと挨拶しましょう。

【座る場所】

通された部屋での座る位置は、基本的に入り口に1番近い下座ですが、彼の家族から上座をすすめられた場合は断らずにその場所に座ります。

【お手伝い】

食事をいただいた場合は、後片づけの際に「何かお手伝いできることはありませんか」と進んで声をかけましょう。「大丈夫」と言われたらそれ以上は踏み込まなくてもOKですが、必ずお礼を言ってくださいね。

【帰り際】

疲れも出るときですが、最後まで笑顔は忘れずに「本当にありがとうございました。とても楽しかったです」などと、改めて感謝の気持ちをしっかり伝えます。

【帰宅後】

「無事に帰宅しました。この度はありがとうございました」とお礼の電話をするか、数日以内に手紙を書くと評価もグッと上がるはず。連絡先を聞いていない場合は彼に伝言を頼みましょう。

日帰りマナー

No image

「日帰りの際、不用意に長居してしまうと、先方に食事の用意など気を遣わせてしまいます。一方、ご家族から帰りを促すのも、追い返すようで気が引けるものです」と大川さん。

帰る時間はあらかじめ決めておき、彼にそれとなく切り上げるタイミングをつくってもらいましょう。

宿泊マナー

洗面所やお風呂場を借りたら、使う前と同じように清潔な状態にします。落ちた髪の毛は拾い、飛び散った水滴もきちんと拭きましょう。

「お風呂はご家族よりも先にすすめられる場合が多いです。その際は必ず“ありがとうございます。それではお先に失礼します”などとお礼を言います。お風呂を出たあとも忘れずにお礼を言ってくださいね」(大川さん)

朝は、相手家族が起きる前に目が覚めてしまっても、お手洗い以外ではあまり部屋の外をウロつかず、お部屋の片付けなどをして様子を見るようにしましょう。

以上、彼の実家訪問で気をつけたいマナーをお伝えしました。相手家族に失礼なく、いい印象を持ってもらえるよう、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【取材協力】

※ 大川ユカ子・・・一般社団法人『スマートマナークリエイト』代表理事。全日本空輸株式会社にで約10年間、客室乗務員として、国際線チーフパーサーや政財界のVIPフライト等を担当。退職後は、フラワースクールを開校。やがてスクール運営のコンサルティングや全国で1000校以上が所属するフラワー団体の講師陣の指導を任されるようになる。現在は研修講師として美容業界の接客マナー指導や企業の人材育成、就活指導等をメインに活動中。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「ビーチに寝ころんだら...島とシンクロしてしまった!」完全に一致している写真
美人は3日で飽きる?飽きない?男子の本音を聞いてみた
「認知症の親」の銀行口座 お金はどうやって降ろせばいいのか?
左利きの人が日々直面している、ちょっとうんざりな10の事実
「今日は思う存分エッチ三昧!」昼間エッチのメリットとは
  • このエントリーをはてなブックマークに追加