トリからイヌへ... 日本一のジャンボ絵馬、今年も掛け替え

トリからイヌへ... 日本一のジャンボ絵馬、今年も掛け替え

  • sippo
  • 更新日:2017/12/06
No image

「酉(とり)」から「戌(いぬ)」へ。川越市の川越八幡宮で2日、恒例の「日本一のジャンボ絵馬」(縦約4・5メートル、幅約5・4メートル)の掛け替えがあった。

地元の山村学園高校と市立川越第一中学校の美術部員らが毎年合作。今回は桜やヒマワリ、コスモスなど花の中を犬が走る構図で、山村学園高の副部長の新井美月さん(15)は「1年、四季を元気よく駆け抜けるイメージにしました」。

高校生が中心になり、参集殿の大広間で、夏休みに3週間かけるなどして制作。中学生は花の部分を担当したほか、母犬とたわむれる子犬たちで安産を表現した2畳サイズの絵馬も描いた。今年は特に高校の部員が少なく、引退した3年生や部員以外の生徒らの応援も得て仕上げたという。

(西堀岳路)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ドイツ版新幹線がお披露目した「夢」のようなポンコツっぷり
【報ステ】東名高速で故意に逆走か 2人死亡
小池都知事、ゼネコンにも完全屈服...豊洲で入札改革中止、軒並み落札率99%
あの人気キャバクラ、悪魔的脱税が発覚!キャバ嬢から搾取、税金まったく払わず!
想像以上にひどい“中高生の文章読解能力崩壊”もう日本語でも会話は通じない!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加