中邑 凱旋試合も王座奪取ならず...シン・ブラザースの介入に苦戦

中邑 凱旋試合も王座奪取ならず...シン・ブラザースの介入に苦戦

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/09/17
No image

マハル(左)を挑発する中邑

「プロレス・WWE」(16日、エディオンアリーナ大阪)

元新日本の中邑真輔が凱旋試合で、“インドの怪人”WWE王者ジンダー・マハルに敗れ、日本人では79年のアントニオ猪木以来(WWEは非公認)の同王座奪取に失敗した。

8月にも挑戦してマハルの盟友、シン・ブラザーズ2人の介入で敗れた中邑は、この日も2人の介入に苦しんだ。終盤、必殺技キンシャサを放つチャンスが来たものの、またも2人が妨害。中邑は蹴散らしたが、マハルに背後から必殺技カラスで仕留められた。中邑は10月8日にもマハルに挑戦する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
カイリ・セイン「みんなへの感謝込め」WWE決勝へ
スタン・ハンセンの試合後の姿に、宮原少年はショック!――小橋建太の青春おすそわけ#6【宮原健斗vol.2】
異常な採点の生まれ方――統一世界ミドル級タイトルマッチ
リナレス 2度目の防衛戦へ自信「準備は万全」
メイウェザー50戦全勝で引退再表明「これが本当のラスト」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加