2017年度上半期の企業倒産負債総額、タカタ破綻の影響で7年ぶりの2兆円超え...東京商工リサーチ

2017年度上半期の企業倒産負債総額、タカタ破綻の影響で7年ぶりの2兆円超え...東京商工リサーチ

  • レスポンス
  • 更新日:2017/10/13
No image

タカタのエアバッグ(車はホンダ・アコード) (c) Getty Images

もっと画像を見る
東京商工リサーチが発表した2017年度上半期(4~9月)の全国企業倒産状況によると、倒産件数は前年同期比0.09%増の4220件と、過去20年間で2016年度に次ぐ低い水準ながら、9年ぶりに前年同期を上回った。

負債総額は同219.6%増の2兆1173億7800万円で、2年ぶりのプラス。2010年以来の2兆円超え。タカタの民事再生法の適用申請による負債1兆5024億円が影響した。

倒産件数を産業別にみると、10産業のうち6産業で前年同期を下回った。飲食業などを含むサービス業他が1225件(前年同期比10.1%増)と2年連続で前年同期を上回った。また、ソフトウェア業を中心とした情報通信業が175件(同10.7%増)で8年ぶりに増加に転じた。これに対し、建設業は795件(同1.3%減)で9年連続で前年同期を下回った。製造業は541件(同7.3%減)で8年連続の減少、卸売業623件(同4.8%減)と小売業547件(同6.0%減)はともに5年連続の減少、不動産業は137件(同2.1%減)で3年連続で減少した。

地区別では、全国9地区のうち7地区で前年同期を下回った。関東1669件(同3.1%増)と近畿1124件(同7.6%増)が8年ぶりに増加に転じた。東京と大阪の2大都市圏で増加が目立った。一方、北海道133件(同2.9%減)と中部563件(同0.1%減)がともに5年連続で減少した。四国72件(同4.0%減)は3年連続、九州262件(同16.8%減)は2年連続で前年同期を下回った。また、東北164件(同4.0%減)と中国146件(同20.2%減)および北陸87件(同20.1%減)がそれぞれ2年ぶりに減少に転じた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
無党派、立憲が取り込む=未成年は保守志向-出口調査【17衆院選】
マンションバブル崩壊、戸建て価格暴落の不気味な予兆
阪急電鉄の「壮大なる鉄道プロジェクト」の舞台裏
映画『ヒトラーに屈しなかった国王』公開、日本経済が独自路線の「ノルウェー」に学ぶべきこと
巨人・トイザラスすら破産させた「アマゾン猛威」で、小売店が記録的ペースで倒産している
  • このエントリーをはてなブックマークに追加