「僕らはうまくない」。吉田麻也が指摘、今こそハリルJに求められる「ガムシャラさ」

「僕らはうまくない」。吉田麻也が指摘、今こそハリルJに求められる「ガムシャラさ」

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2017/11/13
No image

吉田麻也は「1人では止められない」とベルギーの強力攻撃陣を警戒する【写真:Getty Images】

練習中に雹が降る。重要なセッションが打ち切りに

日本代表は12日、国際親善試合のベルギー戦に向けて練習を行った。悪天候により試合2日前の重要な調整を途中で打ち切らなければならないアクシデントもあった。そして、選手たちは守備面での不安を口にする。そんな中、欧州で経験を積んできた吉田麻也は、爆発的な攻撃力を誇るベルギー代表を封じるために足りないことを指摘した。(取材・文:元川悦子【ブルージュ】)

——-

FIFAランキング2位の強豪に大きな実力差を突きつけられた10日のブラジル戦(リール)から2日が経過した12日。日本代表は14日のベルギー戦の会場であるブルージュへ移動し、現地での初練習に臨んだ。

この日は暴風雨と晴れ間が交互にやってくる天気。夕方には雹(ひょう)が降り、紅白戦途中で練習が打ち切りになるアクシデントも発生した。「ビブスの色も見えなかったし、最後の雹はムチャクチャ痛かった。プレーを続けるのが難しかった」と長友佑都(インテル)も苦笑いするような“アウェイの洗礼”だった。

結局、わずか30分程度の紅白戦になってしまったが、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は主力組にGK川島永嗣(メス)、DF(右から)酒井宏樹(マルセイユ)、吉田麻也(サウサンプトン)、槙野智章(浦和)、長友、アンカー・山口蛍(C大阪)、右インサイドハーフ・長澤和輝(浦和)、左インサイドハーフ・井手口陽介(G大阪)、右FW浅野拓磨(シュトゥットガルト)、左FW原口元気(ヘルタ・ベルリン)、1トップ・大迫勇也(ケルン)というメンバーを配置した。

3-4-3に並んだサブ組を仮想ベルギーとして、守備戦術の確認に時間を割いた。ブラジル戦も長澤を主力組でトライして、最終的には井手口にスイッチしたように、本当にベルギー戦の先発がこの通りかどうかは未知数だが、この陣容がベースになることは間違いないだろう。

とはいえ、山口が「今日の練習ではほとんどハマらなかった」と語ったように、本番を2日後に控えた実戦練習でボールの奪いどころが明確にならなかったことは見逃せない問題だ。守備リーダーの吉田も同じ課題を実感している。「こういう強い相手(ベルギー)に対して、そんなうやむやな状態で戦ったら絶対に勝てない。(日本の)メンツ的にもポゼッションを捨ててブロックを作ってカウンターってところに全てを費やしているのに、それ自体が崩れてしまうと一番よくない」と発言。ハリルホジッチ監督のスタイルが根底から崩れかねない危機感を覚えていた様子だ。

「1人では止められない」ベルギー攻撃陣を封じるために

日本にとって最悪のシナリオを回避するためにも、試合までの2日間でできることをやるしかない。長谷部誠(フランクフルト)が右ひざの問題で別メニュー調整を強いられ、2戦連続出場が難しくなっている今、率先して守備組織の構築にあたるのは吉田の重要な役目と言っていい。

加えて、今回のベルギーはロメル・ルカク(マンチェスター・ユナイテッド)、エデン・アザール(チェルシー)、ケビン・デ・ブライネ(マンチェスター・シティ)らイングランド・プレミアリーグで活躍するアタッカーがズラリと並ぶ。「1人でみんなは止められないんで」と吉田は苦笑いしていたが、彼らと実際に対峙して質の高さを肌で知る経験値を生かすのは、まさに今しかない。

「ルカクなんかは何度もやってますけど、エバートンにいる時よりすごくレベルアップしている。足元の雑さがなくなって、より質の高い選手になっているので、1個か2個のチャンスがあれば必ずモノにしてくる。この間のブラジル戦の反省を踏まえても、やっぱり0-0の時間を長くしていかなければいけないなと感じています」とブラジル戦で自らPKを献上し、試合を壊す形になった背番号22は自戒を込めて言う。

今回のゲームでビデオ判定はない。もちろんW杯本番を視野に入れることは大切だが、目の前に相手に勝つことが先決。ファウルすれすれのプレーで相手を止められるチャンスを生かすことが肝要だ。酒井宏樹(マルセイユ)も「ファウルをして止めることが欧州では戦術になっている。あれだけ能力の高い選手たちがそうしているのに、世界トップレベルに達していない僕らがずる賢さ、そういう戦術を足していなかったらやっぱり戦えない」と話した通り、超一流のアタッカーを苛立たせるような駆け引きはやはり必要だろう。

プレミア6シーズン目を戦う吉田はその重要性を嫌というほどよく分かっているはず。世界最高峰のリーグで体得したインテリジェンスをしっかりと発揮したいところだ。

「もっとガムシャラに死に物狂いで」(吉田)

さらに、吉田が強調するのが「彼ら以上にガムシャラにハードワークすることの重要性」だ。ブラジル戦では前半から失点が続いてメンタル的に受け身になったが、もっと勇敢に挑まないとベルギー相手の下剋上は不可能に近いと吉田は語気を強める。

「南アフリカW杯の前に闘莉王(田中マルクス=京都)も言ってましたけど、僕らはうまくないんで、そこの差を埋めてかなきゃいけない。もっとガムシャラに死に物狂いでやってかなきゃいけない。前の選手は1回だけじゃなく、2度追い、3度追いしてかなきゃいけないし、後ろの選手ももっと体を張らなきゃいけないだろうし。そういうガムシャラさがちょっと足りないと感じている。そこは試合の前に1つ付け加えておきたいです」と日頃、冷静沈着な背番号22が感情を高ぶらせた。

そんな熱い思いは、日の丸を背負う人間に真っ先に求められるもの。最近は戦術や技術が重視され、そういう部分があまり語られなくなっているが、一番重要なのは、やはりガムシャラにボールや相手を追う姿勢に他ならない。それを強く押し出せた南アフリカW杯で日本はベスト16入りを果たし、逆に自分たちを過信していたブラジルW杯では勝ち点1の惨敗を喫した。

4年前にブラジルで苦杯をなめたチームの一員だった吉田は、何としても同じ轍を踏みたくないと強く思っているはず。同じ悔しさを体験した本田圭佑(パチューカ)、岡崎慎司(レスター)、香川真司(ドルトムント)の3人が代表招集見送りとなっている今だからこそ、自分が言わなければならないと感じたのかもしれない。

見る者の心を揺さぶるような闘争心を選手全員が示した先には、ベルギーを追い込む好ゲームが待っているはず。ちょうど4年前の2013年11月、同じ敵地でのベルギー戦(ブリュッセル)で、日本は柿谷曜一朗(C大阪)、本田、岡崎の3ゴールで強豪を撃破し、チームに漂っていた沈滞ムードを一掃した。

当時も最終ラインを統率していた吉田がその再現の原動力になってくれれば理想的なシナリオだ。いずれにしても、ブラジル戦の反省を踏まえ、ベルギーの豪華攻撃陣を手堅く封じることが勝利のために欠かせないポイントとなる。

(取材・文:元川悦子【ブルージュ】)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「東京五輪への推薦状」第48回:長崎総附の注目FWは一人にあらず。逸材シューター「九州の得点王」荒木駿太
<サッカー>ロシアW杯予想「日本はGL突破、韓国は敗退」―中国コラム
劇的な幕切れ...MF上野が後半AT弾!草津東が“師弟対決”を制して3年ぶり全国へ:滋賀
  • このエントリーをはてなブックマークに追加