肺がんで余命半年宣告の大林宣彦監督「奇跡」起き「余命未定」

肺がんで余命半年宣告の大林宣彦監督「奇跡」起き「余命未定」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/08/12
No image

映画監督の大林宣彦氏

1年前に肺がんで「余命6カ月」と宣告された映画監督の大林宣彦氏(79)が11日、TBSで放送された「爆報!THEフライデー」に出演。奇跡の回復で「余命未定。あと30年は映画撮るぞ」と宣言した。

大林監督は新作映画「花筐」のクランクイン直前だった昨年8月、肺がんで「余命6カ月」と医師から宣告された。当時を振り返り「嬉しかったよ、その時。僕たち表現者にとって、マイナスなものなど何もない。生きてる、ってことは傷を負うことだから。傷を負うことで人の財産となるのです」と穏やかな笑みを浮かべる。

入院はせず、抗がん剤治療を受けながら、撮影を完遂した大林監督は「いろんな奇跡が起きてる。いろんな薬が効いてきたり」と奇跡が起き、体調に変化が起き、“余命6カ月”を越えていることを告白。「今は余命未定。あと30年は映画を撮るから」とほほ笑んだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
西内まりやが恋人と同棲し「音信不通」で芸能界引退へ
小林麻耶、「麻央さんに似てきた」に「嬉しい」――海老蔵関係者から「熱愛発展」「再婚」望む声も
「彼女ができたと父親に伝えたら...衝撃の事実を知った」というお話」
「ババア早く消せ」いとうまい子、Kis-My-Ft2・千賀の写真をインスタ掲載で批判殺到
指原莉乃が下着の色明かす「派手なのは...」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加