FC東京 J1デビューのGK大久保択生がビッグセーブ連発 強力神戸を完封

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/08/15

「明治安田生命J1、FC東京1-0神戸」(13日、味の素スタジアム)

FC東京が神戸を1-0で下してリーグ2連勝。日本代表経験を持つGK林彰洋が右膝に違和感を訴えたため、27歳のGK大久保択生がJ1デビューを果たしたが、ビッグセーブを連発し、強力な神戸攻撃陣を完封。FC東京にとっては4月30日の広島戦以来となる、リーグ戦でのホーム勝利となった。

最後まで集中力を切らさなかった。試合前日に先発を伝えられたという大久保択はヒーローインタビューで「最高です!」と絶叫。取材エリアでは「90分間(集中を)切らさずできた。素直にうれしいです」と振り返った。

耐えてつかんだ勝利だった。立ち上がりから神戸にボールを握られる展開となったが、何とか踏みとどまって前半を折り返すと、後半になってFC東京の攻撃がかみ合い出す。待ち望んだ先制点は後半43分。FW大久保嘉が起点となり、右サイドに展開すると、MF室屋の折り返しを途中出場のFWウタカが右足で沈めた。

会心の試合内容とはならなかったが、チームを率いる篠田監督は「まだまだな部分もあるが、チームは着実に前進している。次のゲームに向けて準備をしたい」と手応えを口にする。勝利の立役者となったGK大久保択については「(カップ戦などで)ミスはあったが、自分としては自信を持って送り出した。緊張もあったとは思うが、どっしりと構えてくれていた」と賛辞を送った。

夏季中断からの再開以降、リーグ戦での完封勝利は初めて。大久保択は「(無失点は)GKなのですごくうれしい。後半戦に入ってからずっと失点していたので、個人としてもチームとしても大きな自信になったと思う」と胸を張った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
C大阪3万人でお約束?鹿島戦にダチョウ倶楽部来場
韓国女子バレー代表、日本製シューズのロゴ隠し出場で称賛浴びるも、ネットから「ソックスが...」とツッコミ
松沢隆司氏死去 鹿児島実高サッカー部元総監督 九州高校サッカー界の名伯楽 教え子に前園、城、遠藤兄弟ら
【週末の対戦予定】各国リーグがいよいよ開幕! 王者レアルはデポルティーボと対戦
鹿島に5年ぶり神様来た!全世代に“ジーコイズム”注入
  • このエントリーをはてなブックマークに追加