『レインボーシックス シージ』「Operation Ember Rise」新オペ2人の詳細が公開!フックガン、攻撃の概念を変えるか?

『レインボーシックス シージ』「Operation Ember Rise」新オペ2人の詳細が公開!フックガン、攻撃の概念を変えるか?

  • Game Spark
  • 更新日:2019/08/19
No image

『レインボーシックス シージ』「Operation Ember Rise」新オペ2人の詳細が公開!フックガン、攻撃の概念を変えるか?

もっと画像を見る

ユービーアイソフトは、『レインボーシックス シージ』新シーズン「Operation Ember Rise」の新情報を最新映像とともに公開しました。

「Operation Ember Rise」で追加されるオペレーターは攻撃側のオペレーター「Amaru」(ペルー)と防衛側オペレーター「Goyo」(メキシコ)の2人。また、「運河」マップのリワークも同シーズンにて実施される予定です。

「Amaru」はGarra Hook(ガラフック)と呼ばれるグラップリングフックガンのようなガジェットを装備していて、瞬時に屋上へ行くことはもちろん、窓への突入、壊れた落とし戸(ハッチ)の下から侵入したりといったことも可能。凄まじい機動力を持ったオペレーターとなりそうです。一方で、Castleのバリケードは破壊しない限り突入できません。

「Goyo」はVolcan Shield(ボルカンシールド)という展開型シールドを所有しています。このシールドの内側には燃焼コアが設置されており、そこを撃つなどして爆発させると瞬く間に火が燃え広がります。敵を遅らせるのに有効そうなガジェットで、Kapkanのブービートラップとのシナジーも紹介されています。

Volcan Shieldは、敵側となるTwitchのショックドローンやThatcherのEMPで破壊できず、IQにも発見されません。ただし、通常の展開型シールドと同じくフラググレネードやAshのブリーチング弾、Zofiaのインパクトグレネード、Sledgeのハンマーでは破壊および爆発を発生させることが可能です。

「Operation Ember Rise」は現地時間の2019年9月より実装予定です。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ゲームカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
TGS2019、注目ゲームから最新ハードまで知りたい人必見!「ゲームの電撃」ブースの配布物がアツい
成田空港でのプレイが話題のプロゲーマーが謝罪 「プロとして模範に」
TGS2019:始まったぜ、東京ゲームショウ2019! コスプレイヤーさん特集 1日目!
オリジナル動物で戦いを繰り広げるガチンコ3Dアクション「Animal Fight Club」:発掘!インディーゲーム(Steam)
「新サクラ大戦」テレビアニメ化が決定!放送は2020年を予定

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加