最新ランキングをチェックしよう
密通を許せなかった夫が、妻に与えた凄惨な罰

密通を許せなかった夫が、妻に与えた凄惨な罰

  • BEST T!MES
  • 更新日:2018/02/16

イラスト/フォトライブラリー

『江戸の性事情』(ベスト新書)が好評を博す、永井義男氏による寄稿。

 俗に「間男代は七両二分」と言われたように、夫ある女と密通したのが発覚しても、男が夫に対して慰謝料七両二分を支払いさえすれば、それで内済(示談)が成立した。 庶民には七両二分は大金だから、実際にはもっと安い金で内済になった。
 この結果、いくら密通をしても金さえ払えば後腐れはないという風潮を生んだ

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
傷心ハメスが沈黙を破った! 痛恨の日本戦黒星に「勝者はミスをしたくらいでは...」【ロシアW杯】
須藤凜々花「ノーブラ疑惑」の写真を投稿
海外メディアも日本の番狂わせを続々報道「感動火花」「評論家の度肝抜く」
共働き夫婦だからこそ、夫が絶対に言ってはいけない「地雷」の一言
「あれが一発レッドなのか...」史上2番目のスピード退場となったコロンビア代表MFが嘆き節【ロシアW杯】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加