長崎高木監督、J1昇格「信じられない」選手に感謝

長崎高木監督、J1昇格「信じられない」選手に感謝

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/11/12
No image

J1昇格が決まりイレブンから胴上げされる長崎・高木監督(撮影・梅根麻紀)

<明治安田生命J2:長崎3-1讃岐>◇第41節◇11日◇トラスタ

V・ファーレン長崎が3-1で讃岐を下し、8月末からクラブ新の12戦負けなしでJ1初昇格を果たした。

今年に入り深刻な経営難に陥ったが、通信販売大手ジャパネットホールディングス(長崎県佐世保市)の支援で再生。甲高い独特のセールストークで家電製品を紹介するなど茶の間の人気者だった高田明氏(69)が4月25日に社長就任すると、カリスマ経営者のオーラにも乗せられ悲願を達成した。この日、前節まで勝ち点2差の3位名古屋が負け、4位福岡が引き分けたため、勝てば自動昇格の2位が決まる状況だった。

前半27分に先制した。低い右クロスに飛び込んだDF乾大知(27)が押し込んだ。前半13分までに右CKを4本奪うなど猛攻で流れを引き寄せていた。後半もFWファンマ(26)のポスト直撃ミドルシュートなど攻撃の手を緩めなかった。後半17分に追いつかれたが同28分に、MF前田悠佑(32)がこぼれ球を決めて決勝点となる今季初得点で突き放すなど計3得点で圧勝した。

横浜FC監督だった06年に次ぎ2度目のJ1昇格に導いた元日本代表FW高木琢也監督(49)は「まだ自分でも信じられない。クラブ創部の有明SCで始まって以来499試合目。大半は昔の有明SCから始まっています。地元のチームで昇格できた。長崎県民の代表として、選手にありがとうと言いたい」と感謝した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
歴代ACL決勝第2戦の「偉大なゴール5選」をAFCが特集 浦和&G大阪の一撃も選出
ルヴァン杯V報告 C大阪柿谷らが大阪市役所訪問 「やっと一つ取れた」
J2熊本、池谷監督が辞任
【ライターコラムfrom金沢】ツエーゲンとともに歩んだ大槻優平...現役ラストマッチに花を添えるゴール
【サッカーコラム】Jのシーズン移行問題 「経営」を主張するリーグ側に危機感はあるのか
  • このエントリーをはてなブックマークに追加