メルセデスAMG GT Rプロ、限定20台で予約受注開始 レーシングテクノロジーを投入

メルセデスAMG GT Rプロ、限定20台で予約受注開始 レーシングテクノロジーを投入

  • レスポンス
  • 更新日:2019/02/14
No image

メルセデスAMG GT Rプロ

もっと画像を見る

メルセデス・ベンツ日本は、メルセデスAMG『GT』の最上級モデル「GT Rプロ」を発表、20台限定で、2月14日より予約受注を開始した。

メルセデスAMG GT Rプロは、メルセデスAMG GT Rベースのレーシングカー「AMG GT3」および「AMG GT4」で培った技術を多数投入。サスペンション、軽量構造、エアロダイナミクス、エクステリアなどに手を加えることで、ドライビングダイナミクスを極限まで高めている。

新設計のAMGコイルオーバーサスペンションは、サーキットに応じたセットアップが可能。プリロードによるスプリング長の機械的調整に加え、縮み側および伸び側のダンパー特性もダンパー上の調整ダイヤルで設定できる。圧縮率は、速い動きと遅い動きで別々に調整することで、ボディのダイブやロールだけでなくトラクションに対しても、これまでよりいっそう細かく調整が可能となった。フロントサスペンションは、軽量なカーボンファイバー製の調整式トーションバーを、リアサスペンションはスチール製の調整式を採用。中空管構造により軽量化を図っている。

また、耐摩耗性に優れるピロボールジョイントを、リアアクスルのロアウィッシュボーンに加え、アッパーウィッシュボーンにも採用。設計上まったく遊びがないことから、大きな荷重を受けてもトーインとキャンバーが変化せず、よりドライバーの意思に忠実に走行が可能となった。リアエンドのアンダーボディには、軽量かつ高剛性のカーボンファイバー製パネルを設置。ボディシェルの安定性を強化することで、優れたハンドリング精度を実現している。

No image

メルセデスAMG GT Rプロでは、多くのカーボンファイバー製コンポーネントにより軽量化を追求し、専用ブラックペイント仕上げのブレーキキャリパーを備えるAMGカーボンセラミックブレーキ、カーボンファイバーバケットシートを採用。軽量なAMGパフォーマンス5ツインスポークアルミホイール(鍛造)は専用チタニウムグレーペイント仕上げのリムフランジがハイシーン仕上げとなっている。

エアロダイナミクスでは、デザインを変更したフロントエプロンの側面にカーボンファイバー製のフリックを2枚設置したほか、大型フロントスプリッターは、前方にさらに延長。リアでは、両側のホイールアーチに設けたクリアコートカーボンファイバー製エアロパーツがほぼリアコンビネーションランプの高さまで垂直に立ち上がる。これらの相乗効果により、フロントアクスルに働く揚力を大きく低減している。

価格は2900万円。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
株投資1800万を3年で3300万にした63歳
え! そんなメーカーもあったの?...メーカー別にたどる 国産オートバイの光芒が刊行
ゾゾタウン、前澤社長の存在が経営リスク要因に...株式時価総額1兆円が消失
東京五輪、大不況下で開催が現実味...日本電産の業績悪化が日本経済の死活問題である理由
レオパレス→オーナー&取引先“連鎖倒産”の最悪シナリオ...破綻していた「30年家賃保証」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加