鳥獣戯画のウサギにそっくり リスの躍動感に「神がかってる」と反響

鳥獣戯画のウサギにそっくり リスの躍動感に「神がかってる」と反響

  • KAI-YOU.net
  • 更新日:2019/08/28

鳥獣戯画こと国宝「鳥獣人物戯画」のようなリスが、東京・吉祥寺にある井の頭自然文化園で撮影されました。

【画像をもっと見る】

実際の鳥獣戯画ではウサギが転げているような絵ですが、写真ではその構図とそっくりな姿を捉えています。

No image
No image

鳥獣戯画みたいなリス撮れました #井の頭自然文化園
— 空白寺@C96 8/10土曜日 南シ37a (@vanity_temple)
August 23, 2019
from Twitter

スタジオジブリがアニメ化した「鳥獣戯画」

No image

鳥獣戯画のウサギ/画像は鳥獣戯画制作キットで作成

「鳥獣人物戯画」は京都の高山寺に伝わる絵巻物で、12世紀から13世紀の平安時代末期から鎌倉時代初期に、複数の作者によって描かれたとされています。

ウサギやカエル、サルなどの動物が擬人化され、現在の漫画に近い手法が用いられていることもあって「日本最古の漫画」とも呼ばれています。

2016年3月にはスタジオジブリによってアニメ化。およそ30秒ほどの短編が3本制作され、現在も丸紅公式YouTubeチャンネルで見ることができます。

また2019年4月には、米津玄師さんがプロデュースした楽曲「パプリカ」のMVとして、鳥獣戯画バージョンが制作。曲に合わせてウサギやカエルが踊る姿が描かれています。

「完全に一致」撮影されたリスに反響

No image

リスもノリノリなので問題ないと思います
— 空白寺@C96 8/10土曜日 南シ37a (@vanity_temple)
August 23, 2019
from Twitter

井の頭自然文化園で撮影されたリスの写真も躍動感は満載。鳥獣戯画と見比べて「完全に一致」「神がかってる」「表情に味がある」と反響が寄せられています。

ちなみに撮影者である空白寺さんは、普段から動物園で撮影した写真などを投稿。それらを収録した写真集なども販売しています。

夏コミ新刊はちょっとすごいですよ
怒涛の100ページ越え...サーバルの写真がこんなに大量に載ってる本は古今東西ないんじゃないでしょうか
しかも主役が多摩のちびっこサーバル兄弟なので子猫成分の濃度がやばいです
ネコ科が好きな方はぜひご覧ください https://t.co/Y8UCzsGeLs
— 空白寺@C96 8/10土曜日 南シ37a (@vanity_temple)
July 30, 2019
from Twitter

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

動物カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
この猫、どうやってバランスとってるの...奇妙な寝相(動画)
なんで?お手と言われているのに顔を差し出してくるシベリアンハスキー
「10日ぶりに帰宅したら、猫がハグをしたそうに待っていた...」愛らしいリアクション
これが食物連鎖! いつもは低地にいるタカが高山を飛ぶ理由とは?
こんな人懐っこいロバを...見たことある?(動画)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加