日本に競歩時代到来!荒井、小林でWメダル 03年女子マラソン野口&千葉以来

日本に競歩時代到来!荒井、小林でWメダル 03年女子マラソン野口&千葉以来

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/08/15
No image

男子50キロ競歩で銀メダルを獲得し、日の丸をまといポーズをとる荒井広宙(左)と銅メダルの小林快=ロンドン(提供・共同通信社)

「陸上 世界選手権」最終日(13日、ロンドン)

男子50キロ競歩が行われ、昨年のリオ五輪で銅メダルを獲得した荒井広宙(29)=自衛隊=が2位に入り銀メダルを獲得した。初出場の小林快(24)=ビックカメラ=も3位となり銅メダルと03年パリ大会の女子マラソン(野口みずきが銀、千葉真子が銅)以来14年ぶりに1種目で2人が表彰台に立った。また、5位には丸尾知司(25)=愛知製鋼=が入り、出場した日本代表3選手が全員入賞を果たした。

再び荒井が競歩界の新たな扉をこじ開けた。堂々たるレースぶりで、銀メダル。さらにゴールまでペースを作り、若手の小林の銅メダルをアシストすると、丸尾も5位に入賞した。銀メダル、ダブルメダル、トリプル入賞はすべて日本競歩界初。「夢だと思っていたことがどんどん現実になっていく。うれしい」と、顔をくしゃくしゃにして喜んだ。

リオ五輪では終盤に他国の選手との接触があり、ゴール後一時失格となるすったもんだがあった末のメダル獲得。ただ、手にした勲章は、荒井に自覚と責任を与えた。練習の合間には若手を卓球に誘いリラックスムードを作り、レースでは小林に「大丈夫だ、メダルいけるぞ!」と声を掛け続けるなど、チームをけん引し続けた。

「競歩はまだ発展途上。もっともっと強くなる」と、荒井。20年東京五輪へ、さらなる日本競歩の躍進のために、先頭を歩き続ける。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
魚の腐ったような体臭が...「ニオイで苦しんだ少女」の病気とは
【勢いがスゴイ】子猫の名前を呼んでみた→ ソファの下から『予想外の登場』を...(゚д゚)! 10秒
甲子園「65万円の席」を占拠した人は今?
ド派手ビキニで魅せる至高のヒップ!人気Gカップグラドル・森咲智美の“お尻シリーズ”に悶絶
男性が“離れられなくなる女性”の特徴4選 お前とずっと一緒にいたい...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加