発売から37年「無印良品家電」の知られざる歴史

発売から37年「無印良品家電」の知られざる歴史

  • @DIME
  • 更新日:2017/12/05

1980年に産声を上げてから37年。当初わずか40品目からスタートしたそのアイテムは、家庭用品、衣料品から家具、そして家に至るまで、今や7000品目以上にも及ぶ。そんな中、「コスパが高い」「シンプルなデザインが良い」など注目される同社の家電がどのように進化したのか、その足跡を追った。

◎必要な機能とカタチを極めるものづくり哲学

無印良品の始まりは、田中一光という稀代のクリエーターと実業家・堤清二の2人がタッグを組んで生み出した西友のPBだった。

「1980年の創業当時は品質度外視の安価な製品と、付加機能が多い高額製品の二極化時代。そんな中で無印良品を、合理的な価格で〝良い品〟を提供するブランドに育てたいと考えていました。それは〝消費を良しとする社会へのアンチテーゼ〟でもあります」。そう話すのは、良品計画の宣伝販促室長・矢島 岐さん。

今では世界的なブランドとなったが、その歴史の中で家電が登場するのは1995年。「ごくありふれてない家電。」のコピーで12モデルがデビューを飾る。

「90年代は高付加価値を謳う多機能家電があふれていた時代。その中で、余計な機能を排除したシンプルな家電の提案はインパクトが大きかったと思います」(矢島さん)

そして2000年には、ヒット商品『壁掛式CDプレーヤー』が登場。そのデザインを手掛けた深澤直人は2年後、同社のアドバイザリーボードに就任し、その存在を推進力として、2005年には世界的なデザイン賞も受賞。世界に「MUJI」の名を轟かせた。

「2000年代後半は注目されるような家電は生み出せなかったのですが、2010年に入り、『もう一度、家電をしっかりやろう』という話になり、深澤さん陣頭指揮の下、新たなプロジェクトがスタートします」(矢島さん)

しかし、そもそも同社は家電メーカーではない。それゆえ、他社の協力が必要になる。ちょうどこの頃、海外メーカーの製造技術が熟成。細かい要求に応えられるレベルまで達し、オリジナル設計の家電づくりも積極的に行なうようになる。「色を変えただけ」というイメージから脱却する第一歩を踏み出したのだ。

ブランドを立ち上げた田中一光がこだわったのは、「簡素な効果に引け目を感じないものづくり」。そのスタイルを確立するかのように、「バルミューダ」社と協同開発した空気清浄機、ミル付きコーヒーメーカーなどをヒットさせる。その気になる今後は?

「チャレンジは続けますが、だからといって家電だけで勝負する気も、家電領域を広げるつもりもありません。目立つことなく生活の中にあればいい。それが家電メーカーとの違いでもあり、無印良品の特徴ですから」(矢島さん)

【1980】

●西友のPB(プライベートブランド)として「無印良品」誕生

No image

生活雑貨9品目、食品31品目で出発。ラベルには安さのわけや商品の成り立ち理由が明記された。写真は、当時のポスター。

【1983】

●東京・青山に第1号店出店

No image

情報の最先端基地、青山に旗艦店をオープン。廃材を大胆に使った内装も話題を集めた。

【1991】

●ロンドンに海外第1号店出店

No image

英国・リバティ社と提携し、ロンドン・ウエストソーホーに「MUJI」の店舗名でオープン。

【1995】

■家電シリーズ12種発売

No image

複雑化した機能を見直し、使いやすい家電を販売。ガルバリウム鋼板を採用したキッチン家電やドライヤー、電動歯ブラシも!

【1996】 〜 色を統一した無印カラー展開 〜

■『ビデオ内蔵テレビ』発売 ※販売終了

No image

当時、ビデオ一体型テレビは、一人暮らしの必需品だった。14型。当時価格3万8000円(税抜き)。

【1997】

■『携帯用CDラジオ』発売 ※販売終了

No image

CDプレーヤー&チューナーのシンプル機能ながら、そのデザインの美しさで一世を風靡。

【2000】

●「ムジ・ネット」設立(現・MUJI HOUSE)

No image

インターネット時代を迎え、立ち上げられた。衣服、生活雑貨、食品、家電を販売する。

■『壁掛式CDプレーヤー』発売

No image

本体からぶら下がったコードを引くと音が出るデザインは遊び心たっぷり。

【2003】 〜 パーソナル家電が高齢者世代にヒット 〜

■『電気冷蔵庫』発売

No image

インテリア性の高いミニマルデザインと、〝ちょうどいい〟246Lというサイズが高齢者夫婦世帯で人気に。

【2005】

●ドイツ「iF デザイン賞・プロダクト部門」5つの金賞受賞

■『電話機』発売 ※販売終了

No image

電話機、DVDプレーヤー、CDラジオ、シュレッダーの4家電などが金賞を受賞する。

【2008】

■『超音波アロマディフューザー』発売

No image

超音波ミストで香りを拡散させるこの製品は、無印良品のナンバー1ヒット。

●旅や移動をテーマとした新業態「MUJI to GO」スタート!

No image

旅と移動をテーマにした、アイテムを再編集して売り場づくりを行う新業態を開始。

【2009】

●「くらしの良品研究所」スタート

No image

無印良品が掲げる「感じ良いくらし」について、ユーザーの意見を交え考えていく社内研究の場を設ける。

【2010】

●「無印良品」30周年

【2011】

●第1号店「無印良品 青山」を「FoundMUJI青山」に転換

【2014】 〜 既存のキッチン家電を一新 〜

■新キッチン家電シリーズ11種発売

No image

一新されたキッチン家電は、大型のものは四角く、人が直接触れるものは丸みを帯びたデザインに。

■「バルミューダ」社と協同開発し、『空気清浄機』発売

No image

360度どこからでも空気をキレイにする、目的と機能をカタチにしたコンパクトモデル。

【2017】 〜 新たな家電領域へ 〜

●旗艦店「無印良品 有楽町」リニューアルオープン

■『豆から挽けるコーヒーメーカー』発売

No image

本当においしいコーヒーを淹れるために一から開発。プロマシンのような佇まいも印象的。

文/編集部

※記事内のデータ等については取材時のものです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
LINE“送信取消”は全然ダメ!誤爆を防ぐにはむしろこの設定
ヘビの毒を25年にわたって注射してきたパンクロッカーの体から35種以上の毒への抗体が取り出される
あなたは何タイプ? お酒の強さがDNAレベルでわかる
白人女性からファーストクラス搭乗を疑われた黒人男性の切り返し
AV男優・森林原人が「娯楽としてのエロ」を指南! モテより、まずクリアすべき”3F”とは?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加