最新ランキングをチェックしよう
海外勢に勝てるのか!? グローバルでの成功に向けたJTのRRP戦略

海外勢に勝てるのか!? グローバルでの成功に向けたJTのRRP戦略

  • BCN+R
  • 更新日:2019/01/17

日本たばこ産業(JT)が、低温加熱型のタバコ用デバイス「プルーム・テック」に加えて、もう一つの低温加熱型「プルーム・テック・プラス」、新たに高温加熱型の「プルーム・エス」を1月29日に発売し、ラインの強化でRRP(リスク低減製品)事業の拡大を図っていく方針を示した。海外勢に負けない体制を敷き、グローバルでの成功につなげるのが狙いだ。

JTが加熱式たばこの新製品発表会を都内で開催

 日本で

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
レオパレス→オーナー&取引先“連鎖倒産”の最悪シナリオ...破綻していた「30年家賃保証」
東京五輪、大不況下で開催が現実味...日本電産の業績悪化が日本経済の死活問題である理由
ゾゾタウン、前澤社長の存在が経営リスク要因に...株式時価総額1兆円が消失
中国経済減速、日本の“優等生”電子部品メーカーの業績に激震...異次元の受注減
数年以内に人手“余剰”で失業者は急増する...さらに外国人受け入れ拡大で起きる事態
  • このエントリーをはてなブックマークに追加