はやぶさ2、小惑星リュウグウへのタッチダウンに成功!!

はやぶさ2、小惑星リュウグウへのタッチダウンに成功!!

  • ギズモード・ジャパン
  • 更新日:2019/02/22
No image

Image: JAXA, NHK

祝!

【TD1-L08E1】2/22 8:42 (JST), Gate5で次のことが確認されました。
・プロジェクタイル発射コマンドの発出
・シーケンス正常
・探査機状態 正常
以上により、タッチダウンが成功としているものと判断しました。 なお、詳細な解析はおって行います。
— 小惑星探査機「はやぶさ2」 (@haya2_jaxa)
2019年2月21日
from Twitter

そのごTwitterでは報告されていませんが、「はやぶさ2」は撃ち込んだ弾丸から巻き上がる破片や砂塵を厚め、サンプルとして地球に送り届けることで初めてミッションが成功します(そのまえにもう一回タッチダウンする予定)。

No image

Congratulations on your successful touchdown, @haya2_jaxa ! We're excitedly waiting for the telemetry and confirmation of sample collection.
— NASA's OSIRIS-REx (@OSIRISREx)
2019年2月21日
from Twitter

タッチダウンの成功おめでとう! 私たちは遠隔測定法とサンプル採取の報告をワクワクしながら待ってますよ

そしてJAXAから。

No image

みんなやったぞーー!!!!!(両手を突き上げて後ろに倒れる)

世界中からの応援、ほんとうに、ほんとうにありがとう! #haya2_TD
(IES兄)
— 小惑星探査機「はやぶさ2」 (@haya2_jaxa)
2019年2月22日
from Twitter

ほんとうのほんとうに、おめでとうございます。お疲れ様でした!

延期したことで実験もできた

もともとJAXAは、リュウグウの地表に粉末状の堆積物「レゴリス」があるだろうと予想してました。ですが「はやぶさ2」が落としたMASCOTとMINERVA-II1着陸機から得た情報により、そのような地形ではないことが判明。数cmかそれ以上の石や岩に覆われた星だということがわかったので、着陸を確かなものにするべく2018年10月の予定から延期させたのでした。

そしてJAXAでは、真空チャンバーの中にリュウグウの地表を模した砂利を敷き詰め、減圧したのち弾丸を撃ち込む実験を行ない、探査機がいかにサンプルを収集できるかを検証。タッチダウン地点も、「L08-E1」と呼ばれる領域の直径約6mの円の中に決定したのでした。はやぶさ2の全長も約6mなので、求められている正確さが伺い知れますよね。

No image

Image:JAXA

2014年に打ち上げられ、4年をかけて昨年6月にリュウグウに到着した「はやぶさ2」。小惑星を調べているのは、ほかにもNASAのオシリス・レックスが、ベンヌの写真を届けてくれたこともありました。

火星のような巨大な惑星だけでなく、こうした小惑星にもまた、宇宙のロマンを感じますね。今後の「はやぶさ2」にもますます期待大です。

Source: Twitter (1,2), JAXA (1,2)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
血を吸った蚊が死ぬようになる薬品「イベルメクチン」はマラリアを20%も減らす
火星探査機からNASA宛てに送られてきた『文明の証拠』画像に驚き!
「人間は地球の磁場を感じ取ることができる」という証拠を研究者が発見
ロシアとアメリカ、スイスの合同研究チームが量子コンピュータで時間を逆行させることに成功か?
太陽光の15%を直接水素ガスに変換するパネルをベルギーの大学が開発
  • このエントリーをはてなブックマークに追加