損保ジャパン日本興亜 保険料を取りすぎ 343人に1800万円を返金

  • 産経ニュース
  • 更新日:2016/12/02

損保ジャパン日本興亜は1日、自動車保険の契約者343人から保険料を取り過ぎていたと発表した。取り過ぎた保険料の総額は計約1800万円で、対象者に速やかに返金する。このほかにも、同様に取り過ぎの可能性がある元契約者が84人いるといい、詳しく調べている。

過徴収があったのは、契約者に過失がなかった事故で保険金の支払いを受けた場合と、自然災害による事故の修理費や盗難などを補償する車両保険を使った契約者。保険金の支払いシステムを扱う担当者が、保険料の割引率を決める「等級」を誤って入力したことが原因だという。

自動車保険で保険料の取り過ぎが発覚したのは、平成26年に続き2度目。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
上西議員、東大法学部卒の国会議員は絶対逮捕されない「みんな知ってる」
トレーラー横転 隣の車が産廃の下敷きに
FGT走行試験を2年ぶりに再開 九州新幹線の軌道上で
大型トラックにはねられ小2死亡 「79歳のアルバイト」に同情する人も
狂乱のASKA逮捕劇! その裏で、NHKクルーが怪しげな行動......「一目散に現場を離れていった」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加