良くも悪くも森保式サッカーの真骨頂。「格下」中国戦の勝因とその限界

良くも悪くも森保式サッカーの真骨頂。「格下」中国戦の勝因とその限界

  • Sportiva
  • 更新日:2019/12/11

日本、韓国、中国、香港の東アジア4カ国で争われるE-1選手権(釜山)。その初戦で中国と対戦した日本は、鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌)と三浦弦太(ガンバ大阪)のゴールで後半25分までに2-0としたが、後半45分にゴールを奪われ、2-1のスコアで試合を終えた。遠藤渓太、橋岡大樹、森島司が代表初出場となった日本の先発メンバー この試合を評価する時、まず触れておくべきは中国の実力だ。スポーツ大国・中国

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加