最新ランキングをチェックしよう
低照度イメージングの新基準を確立 - インターライントランスファEMCCD技術

低照度イメージングの新基準を確立 - インターライントランスファEMCCD技術

  • マイナビニュース
  • 更新日:2016/11/30

光感受性はあらゆるイメージセンサにとって重要な仕様の1つですが、用途によっては、標準的なイメージセンサでは対応できない超低照度条件で動作可能なデバイスが必要です。顕微鏡で見た蛍光マーカ、眼底カメラで捉えた網膜画像、雲のない闇夜に撮影した監視映像のいずれを検出する場合であっても、超低照度イメージングを可能にする技術(照度0.1ルクス、フレームレート30fpsで撮像する技術)が必ず必要です。
歴史的に

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
フェラーリが出力800cvを発揮する同社史上最強エンジンを搭載した『Ferrari 812 Superfast』を日本初披露
「Macbookよりすごい」新Surface Pro、10万5,800円から発売、古いMacの「下取り」割も
“謎のメーカー”はNVIDIAだけじゃない? いまさら聞けない「難読企業」の読み方
世界を変えるかもしれない10種類の近未来テクノロジー
アウディTT RS――6年ぶりに一新した最強グレード
  • このエントリーをはてなブックマークに追加