Awesome City Club、知英主演『レオン』で初の映画エンディング曲

Awesome City Club、知英主演『レオン』で初の映画エンディング曲

  • BARKS
  • 更新日:2017/12/07
No image

Awesome City Clubが、知英が主演を務める劇場長編映画『レオン』(2018年2月24日公開)で自身初の映画エンディングテーマを担当することが発表されている。

◆Awesome City Club、『レオン』関連画像

『レオン』は清智英と大倉かおりによる同名漫画を原作とする作品で、知英演じる派遣社員・小鳥遊玲音と竹中直人演じるやり手のワンマン社長・朝比奈玲男の二人の心と体がある事故をきっかけに入れ替わってしまうという物語。エンディングテーマに決定したのは、本作の世界観に合わせて書き下ろされたというAwesome City Clubの新曲「Magnet」だ。こちらはすでにライブでも披露されているディスコティックなダンスナンバーで、3月に発売される彼らのニューEPにも収録が予定されているという。楽曲について、atagi(Vo,G)は次のようにコメントを寄せている。

◆   ◆   ◆

■atagi(Vo,G)コメント

No image

映画を観させて頂いて、性別も、性格も、大事にしているものも全く違う二人が「必要に迫られて」嫌々ながらもお互いを分かり合っていく距離感がとても面白くその「コミカルな不幸せ」を上手く表現できればと思い曲を書きました。
劇中の二人みたいに、不自由だって、嫌になったって「変えられない 自分ごと OKだって ぎゅっと愛せたら」人生ちょっと、素敵になるかもしれないですよね。

◆   ◆   ◆

なお、Awesome City ClubはEPのリリースに続いて、5月より全国12か所を巡るワンマンツアー<Awesome Talks -One Man Show 2018->を行なうことも決定している。

■作品情報

映画『レオン』
2018年2月24日(土)新宿バルト9ほか、全国ロードショー
出演:知英 / 大政絢 吉沢亮 斉藤慎二(ジャングルポケット)
ミッツ・マングローブ / 原幹恵 河井青葉
山崎育三郎 / 竹中直人
監督:塚本連平(『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』『かずら』)
脚本:吉田恵里香(『ヒロイン失格』『リベンジgirl』)
原作:清智英・大倉かおり「レオン」(講談社KCデラックス)
製作:映画『レオン』製作委員会
配給:ファントム・フィルム
公式HP:reon-movie.com
公式Twitter:https://twitter.com/reon_movie
(C)清智英・大倉かおり/講談社・2018映画「レオン」製作委員会

■リリース情報

Awesome City Club ニューEP「タイトル未定」
2018年3月14日(水)発売
※映画『レオン』エンディングテーマ「Magnet」を含む、全4曲収録予定

関連リンク

◆『レオン』オフィシャルサイト
◆Awesome City Club オフィシャルサイト

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
元SMAPの新作映画に「裏切りメンバーへのメッセージ?」と憶測噴出!
“あれ”が見えたら、あなたも終わり スティーブン・キングも困惑のホラー映画「THAT/ザット」が3月リリース
細田守監督が新作アニメ「未来のミライ」来年公開
満島ひかりの“女囚さそり”風ルックが話題
元SMAP『新しい地図』映画の監督&脚本4人決定 太田光、園子温らが担当
  • このエントリーをはてなブックマークに追加