羽生結弦、フィギュアSPで痛恨ミスの3位「すごく悔いが残る」

羽生結弦、フィギュアSPで痛恨ミスの3位「すごく悔いが残る」

  • RBB TODAY
  • 更新日:2019/03/21
No image

羽生結弦選手【写真:田中】

20日、さいたまスーパーアリーナで『世界フィギュアスケート選手権2019』(フジテレビ系)が行われ、男子ショートプログラムに羽生結弦(ANA)が登場。右足首を練習中に負傷した昨年11月のロシア杯以来となる公式戦に挑んだ。

4か月ぶりの復帰戦となる羽生は冒頭の4回転サルコウが2回転になるなど不安な滑り出しだったが、その後はほぼ完ぺきな演技で滑り切った。だが冒頭が無得点になるなど精彩を欠き、94,87点で3位。

1位は前回王者のネイサン・チェン(アメリカ)がその貫禄を遺憾なく発揮。ダイナミックなパフォーマンスで観客を巻き込み、107,40点をマーク。2連覇へ弾みをつけた。6位は宇野昌磨(トヨタ自動車)の91.40点。

羽生は試合後のインタビューで、「集中できていなかった。たくさん練習を積んでいると思っているが、結果が出ないということは積めてないということ」と反省。「日本という地で完璧なプログラムを滑り切れなかったことは、すごく悔いが残っています」と吐露し、「この悔しさはあさってに取っておいて」と、23日に行われるフリーでの巻き返しを誓っていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

フィギュアスケートカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
高橋大輔 宇野の大技5回転挑戦に太鼓判「いけるんじゃないですかね」
宇野昌磨選手が2019JOCシンボルアスリートに選出! トップアスリートが集結した認定式の模様をリポート
高橋大輔 来季も国内大会が中心 フリーは変更せず 12月・全日本選手権目指す
さらなる飛躍を目指す羽生結弦を見守る「複雑なファン心理」
日本フィギュア「劇的進化の平成」(下)連盟が有望小学生の発掘・育成に注力!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加