福留、NPB250号は勝ち越し弾 八回には同点適時打

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/08/15
No image

延長10回、通算250号となる勝ち越しソロを放ち阪神・西岡剛と抱擁する阪神・福留孝介=横浜(撮影・飯室逸平)

「DeNA-阪神」(12日、横浜スタジアム)

阪神が1-1で迎えた延長十回、福留の12号ソロで勝ち越しに成功した。史上61人目のNPB通算250本塁打に到達した。

この回、1死走者なしで打席に立った。砂田の1ボールからの2球目、真ん中低めの144キロをフルスイング。ライナー性の打球は左翼ポールのわずか右、スタンド最前列に突き刺さった。3試合ぶりのスタメンで、出場5試合ぶりの一発となった。

0-1の八回には、起死回生の同点タイムリーを放った。先頭の西岡が右翼線二塁打で出塁後、1ボール2ストライクと追い込まれながら、低めに沈み込む変化球をスイング。打球は助っ人右腕の足元を襲い、白球が右翼前へ転々としている間に二走・西岡が同点のホームを駆け抜けた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
三本松(香川)日下 広太監督、初の日本独立リーグ出身指揮官として聖地へ!
“天理のバレンティン”神野は不発「変化球でうまく攻められた」
西武菊池に球審が2段モーション指摘 辻監督は不満
シーズン100安打達成回数から見る好打者の系譜...現役最多、歴代最多は?
青森山田のキン肉マン登場/18日高校野球見どころ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加