W杯出場権を逃したオーストリア、指揮官が今年限りで退任

W杯出場権を逃したオーストリア、指揮官が今年限りで退任

  • AFPBB News
  • 更新日:2017/09/16
No image

2018年サッカーW杯ロシア大会、欧州予選グループD、オーストリア対ジョージア。選手に指示を出すオーストリアのマルセル・コラー監督(2017年9月5日撮影)。

【AFP=時事】サッカーオーストリア代表のマルセル・コーラー監督が、2018年W杯ロシア大会の出場権を逃した責任を取り、2017年限りで退任すると表明した。

スイス出身で56歳のコーラー監督は、W杯の欧州予選が終了するまで6年間務めてきた同国指揮官を続ける。オーストリアは現在、グループDで首位に立つセルビアと勝ち点9差の4位に沈んでいる。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
乾が先発 エイバル対バルサ
長友フル出場のインテル、PKから同点に追いつくも...開幕4連勝でストップ
レスター岡崎が1ゴール1アシストの活躍 監督が絶賛「貢献度とインパクトを証明した」
「信じられないが事実だ」。本田を観戦に訪れた日本人ファンの行動にメキシコが驚嘆
内紛渦中のネイマール、カバーニと口論後にF1最速ドライバーとの豪華パーティー写真公開
  • このエントリーをはてなブックマークに追加