シャドー、ボランチ、センターバック、PKキッカー...青森山田の藤原優大は“色々できる1年生”

シャドー、ボランチ、センターバック、PKキッカー...青森山田の藤原優大は“色々できる1年生”

  • サッカーキング
  • 更新日:2019/01/13
No image

PK戦までもつれた大激戦に終止符を打ったのは青森山田の1年生だった [写真]=兼子愼一郎

青森山田の1年生DF藤原優大の話を聞いていると、黒田剛監督が彼に重要な場面を託したくなることが理解できる。

本職はボランチだが、センターバック、トップ下とセンターポジションならどこでもこなせる器用さを持つ。

「小、中とボランチをやらせてもらっていたので、そこが一番得意ですが、身長を活かしてCBも出来る。でも、守備的な要素が多い中でも黒田監督にシャドーもできると思われていることは、自分の1つのストロングポイントだし、武器だと思います」(藤原)

唯一の1年生として、選手権のメンバー入りをしている彼は、尚志との準決勝で2-3と逆転された80分に投入された。チームが窮地に立たされた状況で、シャドーのポジションに入ると、182cmの高さと足下の技術を発揮し、セカンドボールの回収とロングボールの競り合いで存在感を見せた。数分後、CB三國ケネディエブスがパワープレーで前線に上がったことで、藤原はCBへポジションを移し、今度は三國の穴を見事に埋めてみせた。

87分、GK飯田雅浩のロングキックから、三國がヘッドで繋いだボールをFW小松慧が気迫で押し込んで、3-3の同点に。劇的な同点弾で振り出しに戻った試合はPK戦へともつれ込んだ。1人ずつ外して迎えた後攻の尚志4人目、フォファナ・マリックのキックを、GK飯田(青森山田)が鮮やかなセービングでストップ。続く決めたら決勝進出となる5人目のキッカーは藤原だった。

「PKには自信があって、1年目だからとか一切関係なかった。ずっと練習でも決めてきたし、GKの逆を取るのが得意」と、落ち着いた様子でペナルティースポットにボールを置くと、主審の笛が鳴ってからもゆっくりと呼吸を置いた。その場で小刻みにステップをすると、スタンドからは少しどよめきが起こった。

「最初の助走でスタンドが沸いた声が聞こえて、ちょっとだけ動揺しましたが、踏み込む時にはもう冷静になっていました」と、GKの逆を突くキックで冷静に決めて、青森山田の決勝進出が決まった。

「あいつは1年生ですが一番PKが上手いんです。間合いも作れるし、監督も藤原に信頼を置いている」と3年生のDF豊島基矢が語ったように、藤原は1年生とは思えない落ち着きを放っている。

「僕は色々なポジションができる分、色々な状況に応じて求められることが違うので、常に色々なパターンに対応することを意識しています。実は昨日の夜、PKになることやシャドーに入ること、パワープレーでCBに入ることなど、色々なことを想定して自分の中でイメージができていた。その全てが今日ピッチで出せたと思います。そういう準備が大きかったので、どれも冷静に対応できました」

そう話す藤原の言葉は、ともても1年生の発言とは思えない。だからこそ、上述の通り黒田監督もメンバーに抜擢すると重要な局面で投入し、複数のタスクを与え、5人目PKキッカーに指名をしたのだった。

「次の決勝でどういう場面で出されるか分かりませんが、色々な場面に適応して行かないといけない。期待に応えたい」

ベンチに脅威の落ち着きを持った1年生がいる。彼が持つ頭脳と適応力は、決勝でも必ず効力を発揮するだろう。途中からピッチ入る背番号17に要チェックだ。

取材・文=安藤隆人

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
3冠の日テレが始動 岩清水「上積みしていきたい」
トルシエ氏も尽力、育成特化がベトナム快進撃呼んだ
「日本×サウジ」を海外メディア分析 日本が直面した“UAEの洗礼”と“サウジの悲劇”
日本代表、アジア杯サウジ戦で何が起きていたのか? ボール支配率「23.7%」の舞台裏
「支配率23%」サウジ戦は「計画された防戦」だった 単なる苦戦とはここが違う

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加