低周波治療器にダイエット効果はあるのか:EMS運動機器との違いも!

低周波治療器にダイエット効果はあるのか:EMS運動機器との違いも!

  • Rhythm (リズム)
  • 更新日:2017/12/07
No image

低周波治療器は、微弱な電気を流すことで血流を改善させ、こりや痛みを和らげてくれる働きがあります。

同じように電気を流す器具にEMS機器がありますが、低周波治療器とはどのような違いがあるのでしょうか。

今回は、低周波治療器とEMS運動機器の違い、ダイエット効果について紹介します。

低周波治療器とは

No image

低周波治療器は肩こりや腰痛、関節の痛み、筋肉の疲労回復などに有効です。電気を流すことで血流が良くなり、こりや痛みなどの症状が和らぐでしょう。

低い周波数は血流を促す効果があり、肩こりやしびれ、腰痛など慢性的な痛みに効きます。高い周波数は痛みなどの刺激が伝わりづらくなるので、神経痛など急激な関節の痛みに効果的です。

EMS機器とは

EMS(Electrical Muscle Stimulation)は、自らの意志ではなく電気刺激によって筋肉を動かす方法で、この方法を用いたものがEMS機器と呼ばれています。

体に電気を流して血行を良くしてくれるので、筋肉痛の回復にも効果的でしょう。筋肉の麻痺症状や、捻挫などの治療を目的に使用する場合もあります。

低周波治療器のダイエット効果

低周波治療器とEMS機器は、どちらも弱い電気を流すという原理で作られていて、筋肉に働きかけてくれる機器です。

これらの機器にはダイエット効果があると言われていますが、本当に効果はあるのでしょうか。

EMS機器と低周波治療器の違い

EMS機器と低周波治療器は、患部に貼り付けるパットのサイズが異なります。EMS機器の方が電極パットのサイズが大きく、刺激が及ぶ範囲が異なる点は大きな違いとして挙げられるでしょう。

使用するだけでは効果は得られない

低周波治療器やEMS機器は、体に電気を流し筋肉に作用するものの、それだけではダイエット効果は期待できません。

筋肉に働きかけることから、トレーニング効果があるといわれ、一部ではダイエット効果があるともいわれています。

しかし、これらの機器自体にはダイエット効果はほとんどなく、有酸素運動などと組み合わせることで効果を発揮します。

まとめ

今回は、低周波治療器にダイエット効果があるのかについて紹介しました。

低周波治療器もEMS機器と同じように筋肉を刺激しますが、パットの面積が小さく、もともと治療用に作られているので、ダイエット効果はほとんど期待できません。

しかし、低周波治療器には筋肉の疲労回復効果があるので、運動をしたあと筋肉に痛みを感じた場合などに使用するとよいでしょう。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ビューティーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
髪は毎日洗わないとダメ?
教えて!goo ウォッチ
忘年会シーズン到来!スーパーフード「ターメリック」で肝機能をサポート
いま最も支持されている「ベースメイク」アイテムは? @cosmeベストコスメアワード2017
【ケーパレット】夜まで続く大人の透け感リップ♡ほんわか柔らか唇まとめ♡
ガサガサ唇とは無縁!《リップマニアな私》の【おすすめリップトリートメント】3選❤️
  • このエントリーをはてなブックマークに追加