名古屋、ジョーの日本順応は...。同胞G・シャビエルは自信あり

名古屋、ジョーの日本順応は...。同胞G・シャビエルは自信あり

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2018/01/11
No image

名古屋に加入したFWジョー【写真:Getty Images】

名古屋グランパスはこの冬、元ブラジル代表のFWジョーを獲得することを決めた。同クラブでプレーするブラジル人MFガブリエル・シャビエルは、名古屋がジョーにとっても居心地の良いクラブになると考えているようだ。ブラジル『UOLエスポルチ』が伝えている。

昨年7月にブラジルのクルゼイロから名古屋に期限付きで移籍したガブリエル・シャビエルは、クラブの大きさを感じており、「トヨタがスポンサーなんだ。僕たちは2部降格から戻ってきたところだから、大きな投資があるかもしれない」と母国メディアに話した。

能力面に疑いのないジョーだが、日本に適応できるかどうかは分からない。それでも、ガブリエル・シャビエルは心配していない様子だ。

「名古屋は日本で3番目に大きな都市で、近くにブラジルのスーパーがある。ステーキハウスもあるし、食べ物もある。大きな都市であることが適応の助けになったことは確かだ。言葉が大きな問題だけど、クラブの通訳がいるよ」

報道によると、名古屋は2015年に元ブラジル代表のFWロビーニョの獲得を検討していた。ジョーに対してはナポリ(イタリア)やボルシア・ドルトムント(ドイツ)といったヨーロッパの強豪クラブも興味を持っていたが、それ以上に魅力的な条件が名古屋から届いたとのことだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
前代未聞のドーピング事件から考える「勝利の呪い」と依存症の恐怖
ロナウジーニョが37歳で現役引退...代理人の兄が発表「これで終わり」
「陸王」モデル“伝説の靴職人” 記者会見で職人魂 箱根往路Vシューズに異議
本田圭佑がツイート「知らなけりゃ学べばいい」
メッシ、“宇宙クラス”の圧巻FKに地元紙脱帽 「成層圏を破壊し、世界を驚嘆させた」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加