113番元素の名称・記号が「ニホニウム」に正式決定

113番元素の名称・記号が「ニホニウム」に正式決定

  • ねとらぼ
  • 更新日:2016/11/30

11月30日、113番元素の元素名と元素記号名が「ニホニウム」(nihonium)、元素記号は「Nh」に正式に決定したと、理化学研究所(以下「理研」)が発表しました。6月8にあがった案がそのまま採用された形になります(関連記事)。

No image

理研の発表(画像は理研の公式サイトより)

同元素は、森田浩介グループディレクターを中心とする研究グループ(森田グループ)が2004年7月に初めて合成に成功したもの。2015年12月31日にIUPACにより認定され、森田グループに命名権が与えられました。

その後、2016年6月8日から開始された5カ月間のパブリックレビューとIUPACによる審議を経て、日本時間11月30日17時に元素名「ニホニウム」と元素記号「Nh」が正式に決定しました。

今回の決定により、元素周期表に日本発の元素が正式に加わることになります。

森田グループディレクター(九州大学大学院理学研究院教授)は、以下のようにコメントしています。

我々の提案した元素名「nihonium」、元素記号「Nh」が認められ、正式決定したことを大変うれしく思っております。日本発、アジア初の元素名が人類の知的財産として将来にわたり継承される周期表の一席を占めることになりました。研究グループの代表として大変光栄に思います。

基礎科学には、発見当時は思いもつかないようなものが、のちに多大な恩恵を人類にもたらした例が数多くありますが、日々の生活や産業に即時に直接的な恩恵を与えることは稀です。このような長期的で地道な基礎科学研究を支援してくださった国民の皆様、そして研究所と関係府省の皆様に改めて感謝いたします。ありがとうございます。

No image

理研が公開している「ニホニウム」特設サイト

No image

元素周期表

関連キーワード

理化学研究所(理研) | 日本 | ネーミング | 命名権

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
細菌がジカウイルスを防ぐ?感染した蚊の体に起こった変化
がんの転移に関与する分子を発見、バルセロナ科学技術研究所が発表
失明の原因第1位は「糖尿病」による合併症! 眼科検診を毎年受ければ95%以上は防げる
低ければ低いほどいい、LDLコレステロール低下療法の安全性と有効性を検証
ダークマター、従来説より「むらが少ない」 研究
  • このエントリーをはてなブックマークに追加