最新ランキングをチェックしよう
オーラルセックスで「頸部がん」に!? 米国で早期診断・治療のガイドライン誕生

オーラルセックスで「頸部がん」に!? 米国で早期診断・治療のガイドライン誕生

  • HEALTH PRESS
  • 更新日:2017/10/13

オーラルセックスが「頸部がん」の原因に!?(depositphotos.com)
 オーラルセックス(口腔性交)が一般的になってきていることが増加の一因かもしれない。その可能性は否めない――。
 いきなり衝撃的な結論から記したが、これはヒトパピローマウイルス(HPV)陽性の「頭頚部がん」の増加に関する米国がん協会 (American Cancer Society ; ACS)の公式見解である。
 

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
白人女性からファーストクラス搭乗を疑われた黒人男性の切り返し
ホームから人が転落... 居合わせた人の行動に「頭おかしい」「怖い」の声
「ナイロン袋ください」と言われても... 西日本なら「OK!」、関東では「なに?」
この絵をパッと見て、最初に何が見えた?心の奥底を探る心理テスト
LINE“送信取消”は全然ダメ!誤爆を防ぐにはむしろこの設定
  • このエントリーをはてなブックマークに追加