Windows 10、8月のアップデートが完了できない不具合発生 - アプリ停止の不具合も

Windows 10、8月のアップデートが完了できない不具合発生 - アプリ停止の不具合も

  • マイナビニュース
  • 更新日:2019/08/19
No image

Microsoftは8月13日(米国時間)、2019年8月のWindows Updateの提供を開始したが、8月16日、「Windows 10, version 1903 and Windows Server, version 1903 - Windows Release Information|Microsoft Docs」において、一部のユーザーがWindows Updateを完了することができない不具合が発生していると伝えた。

この不具合が生じているのは、Windows 10バージョン1903とWindows Serverバージョン1903で、エラーコード0x80073701が表示されるという。Microsotは今後のリリースでこの不具合に対応すると説明している。

また、一部のユーザーにおいて、KB4512508をインストールした後にVisual Basic 6、Visual Basic for Applications、Visual Basic Scripting Editionなどを使用したアプリケーションやスクリプト、マクロなどが応答を停止することがあるという不具合も生じている。

この不具合は、次のオペレーティングシステムで発生している。

Windows 10 version 1903

Windows 10 version 1809

Windows 10 version 1803

Windows 10 version 1709

Windows 10 version 1703

Windows 10 version 1607

Windows 10 Enterprise LTSC 2019

Windows 10 Enterprise LTSC 2016

Windows 10 Enterprise LTSC 2015

Windows 8.1

Windows 7 SP1

Windows Server version 1903

Windows Server version 1809

Windows Server version 1803

Windows Server version 1709

Windows Server 2019

Windows Server 2016

Windows Server 2012 R2

Windows Server 2012

Windows Server 2008 R2 SP1

Windows Server 2008 SP2

Microsoftは現在この問題の解決へ向けた取り組みを進めており、2019年8月末に修正版の提供を予定している。Windows Updateが失敗している場合、2019年8月末に提供が予定されるアップデートの登場を待つとともに、提供に合わせて迅速にアップデートを実施することが望まれる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
HDRから「スマートHDR」で何が変わったの? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ
たった1枚の画像から「まるでカメラ自体が動いているかのように視点が動く画像」を作り上げる技術が誕生
難解なITシステムの使い方を“画面上でガイド”する「テックタッチ」が1.2億円調達
Googleの検索履歴を非表示または自動削除にする方法
NTTデータ、レジなしキャッシュレス無人店舗を体験してみた
  • このエントリーをはてなブックマークに追加