大西洋での風力発電、世界全体に電力供給の可能性 米研究

大西洋での風力発電、世界全体に電力供給の可能性 米研究

  • AFPBB News
  • 更新日:2017/10/13
No image

洋上風力発電所のタービン。英イングランド北東部ハートルプールの沖合にて(2017年3月8日撮影)。

【AFP=時事】外洋上の風力発電施設は、陸上の施設よりもはるかに多くのエネルギーを生み出すとする研究論文が9日、発表された。米研究チームの論文は、世界全体に電力を供給できるほどの発電量が得られる可能性もあるとしている。

米カーネギー研究所の研究チームは、外洋上のより大きな風の力を利用することで、洋上の風力タービンは陸上の約5倍の電力を生み出せることが分かったと明らかにした。

遠洋における洋上風力発電施設については、商業規模のものは現在のところ存在せず、また季節によって発電量も変動するだろうが、この技術については、追求するだけの価値はあると米科学アカデミー紀要に掲載の研究論文は述べている。

論文によると、「冬季には、北大西洋の風力発電施設が、現代文明の電力需要のすべてを満たすのに十分なエネルギーを供給できる可能性がある」という。

しかしその一方で論文は、「夏季には同じ風力発電施設では、欧州または米国のどちらか一方の電力需要を賄うエネルギー量しか供給できないかもしれない」としている。

今回の研究は、米中西部カンザス州にある複数の大規模風力発電所と、仮想の巨大な外洋風力発電施設のエネルギーの生産性を比較するコンピューターモデルに基づいている。

比較の結果、特に北大西洋の一部海域では、風力タービンの存在により生じる抵抗を受けても風は陸上ほど弱まらないため、洋上の風力発電の方がはるかに効率がよいと考えられる。

論文の共同執筆者、アンナ・ポスナー氏は「陸上の風力発電所は地表近くの風力資源に制約されたままであるのに対し、巨大な外洋風力発電施設は大気圏のほぼ全域の風力エネルギーを利用できることが、今回の研究で明らかになった」と述べている。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
月の地下に巨大な空洞 FF4かな
1回5千万円・死亡の恐れも...アメリカで承認された免疫療法の側面
南果歩 代替療法決断後押しした「小林麻央さんと同じ主治医」
精度は専門医とほぼ同等!眠りの深さを判別するAIを米MITが開発
ドリアンはなぜ臭いのか?科学者が謎を解明―中国メディア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加