U19中山が窮地救うブロック「狙い分かっていた」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2016/10/19

<U-19アジア選手権:日本0-0イラン>◇1次リーグC組◇17日◇バーレーン・マナマ

5大会ぶりのU-20W杯出場を目指す日本はイランに0-0で引き分けた。DF中山雄太(19=柏)が大ピンチを救った。

後半36分、左サイドを駆け上がったFWジャファリに反応し、GK小島亨介(19=早大)が前に出たところを狙われた。小島がかわされ、ジャファリに無人のゴールに向かってシュートを打たれた。先制点を献上したかに思われたが、ゴール前に走っていた中山が左足のヒールでシュートを止め、失点を逃れた。

中山は「相手の狙いは分かっていて、落ち着いて対応できた。(20日のカタール戦は)しっかり全員で勝ち点3を取れるように頑張りたい」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
本田真凜、GPファイナルへ「笑顔で終われるよう」
松木さん自らが明かす“名言”の真相。「黙って見ましょう」「ふざけたロスタイム」の舞台裏【編集部フォーカス】
「居酒屋解説」松木安太郎に本人も知らない黒歴史があった!
なでしこ高倉監督「サバイバル」候補合宿で競争促す
J1王者・鹿島、クラブW杯に柴崎や金崎、小笠原ら23名登録...12月8日に初戦
  • このエントリーをはてなブックマークに追加