恩師の前でJ1デビューも...横浜FM渡辺皓太「もっといいプレーを見せたかった」

恩師の前でJ1デビューも...横浜FM渡辺皓太「もっといいプレーを見せたかった」

  • ゲキサカ
  • 更新日:2019/08/18
No image

[8.17 J1第23節 横浜FM1-2C大阪 日産ス]

初めてのJ1の舞台はほろ苦い結果に終わった。4歳から東京V一筋で育ち、今夏に完全移籍で横浜F・マリノスに加入したMF渡辺皓太が先発でJ1デビューを果たした。

前節10日の鹿島戦(●1-2)でベンチ入り。14日の天皇杯3回戦・横浜FC戦(○2-1)にフル出場し、新天地デビューは済ませていたが、MF扇原貴宏の出場停止もあり、この日がJ1デビューとなった。

「相手も引いてきてスペースがない中で、うまく前で絡めなかった。もっと危険な位置で受けないといけないし、危険なパスを出していかないと崩せない」。不完全燃焼のまま後半39分に交代。チームも3連敗となり、悔しさを隠せなかった。

対戦相手のC大阪を率いるのは昨季まで東京Vを指揮していたロティーナ監督。「コータ(渡辺皓太)は素晴らしいサッカー選手であり、素晴らしいプロフェッショナルでもある。マリノスにとって素晴らしい補強になっていると思う」と“親心”をのぞかせた恩師の前で「もっといいプレーを見せたかった」と、率直な胸の内も吐露した。

6月のコパ・アメリカ(南米選手権)では日本代表にも初招集された20歳のボランチ。当時のチームメイトからMF久保建英、MF安部裕葵、FW前田大然、MF三好康児が次々と海外挑戦に踏み切る中、自身も「自分のサッカー人生の目標の中で将来を考え、夢へ進む一歩としてこの判断に至った」と新天地を求めた。

アンジェ・ポステコグルー監督の戦術を完全に会得するには時間もかかるが、「オフシーズンに来たわけじゃない。夏に来て、パッと入ってできなきゃダメだし、こういう難しい状況のほうが自分も成長できる。このタイミングで来てよかったと思っている」と言い訳することなく、即戦力となる自覚をのぞかせた。

(取材・文 西山紘平)

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2019シーズンJリーグ特集ページ

●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

●[J1]第23節1日目 スコア速報

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「リアルサカつく」いわきFC・大倉智社長が語る、“夢のクラブ”の現在と未来。
CB出場続く川崎F山村和也、勝利呼ぶ移籍後初ゴール「勝つしかなかった」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加