金本監督「勝ち切りたかった」 菅野から初回2点も二回以降ゼロ行進

金本監督「勝ち切りたかった」 菅野から初回2点も二回以降ゼロ行進

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/09/19
No image

延長10回、選手交代を告げる金本監督(右)

「阪神2-2巨人」(14日、甲子園球場)

勝ち切れる展開で逃げ切れず、サヨナラの好機で決定打も出ない。菅野から初回に2点を奪ったまでは良かったが、二回以降はゼロ行進。阪神・金本監督も苦笑いを浮かべた。

「うーん…ですね。なかなか、向こうもピッチャーいいし。(負ければ広島優勝だったが)まあ、そこはもう、よしとして。勝ち切りたかったですけど」

同点に追い付かれた直後の九回から延長十二回まで、すべて先頭打者を出し、得点圏にも走者を進めた。そこであと一本が出ない。さらに四回には、1死二、三塁から大和と坂本が倒れて無得点に終わっていた。

「ああいうところを有効なアウトで1点を取るというね。ボテボテを打つとか。(三走は)当たりゴーでいってるわけですから」

負ければ広島の優勝が決まる中でのドローで、巨人3連戦は1敗2分けに。好投手が相手の時は、いかに少ないチャンスで得点できるか。CSでも対戦の可能性があるだけに、教訓として次に生かしたい。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
広島連覇のカギはスカウトにあり「絶対誠也がいい」
「落ち着いて」...本塁打後に全力疾走の強打者、投手に制されスローダウン!?
すごくハミ出てます...... “カープ女子” 菜乃花、リーグ優勝をギリギリビキニで祝福!
昨季はマツダでビールの売り子 STU48瀧野「本当に最高」
楽天、オリックスに敗れて連勝3でストップ 西武との2ゲーム差は変わらず
  • このエントリーをはてなブックマークに追加