ベルギーFWルカク、7戦連続無得点から“復活”の2発。日本の大きな脅威に

ベルギーFWルカク、7戦連続無得点から“復活”の2発。日本の大きな脅威に

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2017/11/12
No image

ベルギー代表のロメル・ルカク【写真:Getty Images】

マンチェスター・ユナイテッドに所属するベルギー代表FWロメル・ルカクは、現地時間10日に行われたメキシコ代表との国際親善試合で2ゴールを記録した。これにより、7試合連続の無得点をストップしている。

夏の移籍市場でエバートンからユナイテッドへ移籍したルカクは、デビューから公式戦10試合で11得点と期待通りにゴールを量産。だが10月に行われたワールドカップ欧州予選のベルギー対キプロス戦でのゴールを最後に、パッタリと得点が止まってしまっていた。

ユナイテッドでは10月から11月にかけてプレミアリーグ4試合、チャンピオンズリーグ2試合、リーグカップ1試合に出場して7試合無得点。過去1年半で自己ワーストとなる無得点期間を過ごしていた。

だがメキシコ戦ではついにその沈黙を破る2得点の活躍を見せた。1-1で迎えた55分には相手選手のクリアしそこねたボールを押し込んで自身1点目。70分には右からの低いクロスに合わせ、試合を3-3のドローに持ち込む同点ゴールを決めた。

ルカクはこの2得点を加えたことで、ベルギー代表で64試合に出場して通算30ゴール。24歳の若さにしてベルギー代表の通算得点数歴代1位に並んでいる。

現地時間14日には、ベルギー代表はホームに日本代表を迎える。エースストライカーがスランプを脱し、新記録達成がかかる状況を迎えたことは、日本にとって大きな脅威となりそうだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
元イングランド代表MFの息子が“70ヤード弾” 衝撃の一撃に称賛「ベッカムを再現した」
W杯ショックのブッフォンは出場せず...ユーベはサンプドリアに3発食らい、まさかの今季2敗目
長友佑都、7試合ぶり先発外れる。エース2発でインテルが2位浮上
伊藤達哉、無念の前半途中交代...。酒井高徳は69分まで。HSV、好調シャルケに敗戦
ユベントス、遅すぎた目覚め。伏兵に敗れて今季2敗目。首位ナポリと勝ち点4差に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加