日本の教育への公的支出はOECDの中で最下位―中国メディア

日本の教育への公的支出はOECDの中で最下位―中国メディア

  • レコードチャイナ
  • 更新日:2017/09/15
No image

日本の教育への公的支出はOECDの中で最下位―中国メディア

15日、中国メディアの人民網は日本の教育への公的支出がOECD加盟国の中で最下位になったと伝えた。写真は東京大学。

2017年9月15日、中国メディアの人民網は日本の教育への公的支出がOECD(経済協力開発機構)加盟国の中で最下位になったと伝えた。

OECDは12日、2014年の加盟各国のGDP(国内総生産)に占める教育機関への公的支出の割合を公表した。日本は34カ国中最低となる3.2%だった。前年に公表した33カ国の中では32位となっており、2年ぶりに最下位となった。

国や地方自治体が負担する教育の公的支出割合は、OECD平均では4.4%で、割合が最も高かったのはデンマークの6.3%で、次いでノルウェーの6.1%、アイスランドの5.7%と続いた。

特に、大学など高等教育に対する日本の公的支出の割合はわずか34%で、英国の28%に次いで低く、OECD平均(70%)の約半分しかない。OECDの担当者は「高額の授業料は家計の大きな負担になっている。才能ある若者が高等教育を受けやすくするため、奨学金などの公的支援が必要だ」と指摘した。(翻訳・編集/山中)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ハイビーム、ロービーム、どっち使う? 意外とみんな分かってない「基本的なルール」
「日本のeスポーツここから始まる」...市民権獲得へ 東京ゲームショウ開幕
「もはや中古家具店」大塚家具、経営危機の内幕...久美子改革が完全失敗、経営陣一掃は必須
スーパーマーケット顧客満足1位は7年連続で「○○○」
あの名門私立女子高が混乱状態...教員一斉退職、保護者が国に全理事解任要求
  • このエントリーをはてなブックマークに追加