新小型コンピュータ「Raspberry Pi 4」登場!―大幅スペックアップ、デュアル4Kサポートも

新小型コンピュータ「Raspberry Pi 4」登場!―大幅スペックアップ、デュアル4Kサポートも

  • Game Spark
  • 更新日:2019/06/25
No image

新小型コンピュータ「Raspberry Pi 4」登場!―大幅スペックアップ、デュアル4Kサポートも

もっと画像を見る

Raspberry Pi財団は、新型シングルボードコンピュータ「Raspberry Pi 4」を発表し、販売を開始しました。

同機は、低価格化かつ小型なシングルボードコンピュータとして、教育・電子工作用などを中心に広まっているマシンの新モデル。大幅なスペックアップが特徴の「Raspberry Pi 4」では、CPUがARM Cortex-A72の1.5Ghzにグレードアップしただけでなく、メモリについて今までの1GBから、最大で4GBまでの3モデルが用意されています。グラフィックAPIもOpenGL ES 3.0対応となりました。

また映像出力はデュアル4Kディスプレイ出力をサポート。USB3.0も利用できます。なお、「Raspberry Pi」は先日ついにオンライン経由での利用が可能となった「Steamリンク(Steam Remote Play)」も利用可能です。

また、このタイプのシングルボードコンピュータに利用されているのは、昨今人気のミニハードのようなレトロゲームエミュレータのベースとして知られているアーキテクチャに近いものでもあるため、高機能なシングルボードコンピュータの普及・量産は今後の更なる高性能なミニハードの登場に結びつくのかも知れません。

「Raspberry Pi 4」は1GBモデルが35ドル、2GBモデルが45ドル、4GBモデルが55ドルにて海外向けに販売中(いずれもボードのみの価格)。国内では技術基準適合認定の完了後に各取扱いメーカーより順次販売される見込みです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【Amazonプライムデー】Chromebookがなんだかわからなくてもポチっていいレベル
Raspberry Pi 4パフォーマンスベンチマークテストの結果が公開
Jasper Morrison氏がデザインしたミニマリスト向けガラケー、8月8日発売
セブンペイ問題の根本要因。日本の悪習慣「ウォーターフォール」
ソニーが新ミラーレス「α7R IV」、有効6100万画素

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加